Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えるべきことはいろいろあるなぁ・・・

2008.09.14 ただの日記
今日は、大学で、公開講座があったのだけれども。

終了後、先生たちと聴衆の反応やら、コンセプトやらが良かったかの議論に始まり、自分達の研究室の学生の指導方針の話にまで発展しまして…



なかなか、今の子達は難しいですね、教えるのが。



だって、自分達と考えが全然違うんだもん。



例えばね、自分がやってみたいこと、知りたいことが必ずしもちょうどいい具合に目の前にやってくるとは限らないじゃない?

受験に失敗したりだとか、興味が徐々に変わりつつあるだとか、ちょうどいい研究テーマが今、走ってないだとか。


その時に、自分の目の前にある研究と自分の興味を照らし合わせて、どこが適合しそうかとか、どこなら面白そうに感じられるかとか、考えたり調べたりしない?普通・・・


だって、どうしたって卒業しなきゃいけないわけだしさ。


今、所属しているのは、ココなわけだから。


ココで生きるために・・・を考えない?


でも、なかなかそれを今の子達はしない気がするんだな。


それはそれ、これはこれ。


「これは、やれと言われたからやっていること。
私がやりたいことではないから、関係はない。」


っていうのが、甚だしくて…


ココで得られるものは何か?ってしなきゃ、無駄に時間を過ごしてるだけになっちゃうじゃんねぇ…



だから、その学生がやりたいことと、ココで何ができるかのフォローをしなきゃいけないと思っていたわけです。

でも、それができぬまま私はイタリアに行くことになり…
今年の4年生は、研究よりも受験に熱心で…ほとんど大学来ないし・・・

勉強したいのは分かるけど、メインはココでの仕事であり、それを勝手にぜーーーんぶやめちゃって受験ってのはいかがなもの?と思ってはいたんだな。

だけど、私もフォローしなかったし、なんか、こっちから連絡とってもろくに返事が返ってこないとか、そんなんだから、仕方ないと諦めてはいた。


でもねー。先生の中には、そのフォローすら、いちいちやってられん!っていう意見もあるんだよね。
それは、「自分」でやるべきことだ。って。

だけどさ、自分じゃできないんだよね・・・


そういうのって、たぶん、もっと小さい頃からいろいろ培われてこなきゃいけないことだったんだと思うんだ。


状況の分析っていうのかなぁ?
なんなんだろう。なんて言っていいか分かんないんだけど。



理科離れってのも、やりたいことと違うから、やらない。っていう精神が作り上げてるものなのかなぁ…

やりたいことをやる。ってのも、もちろん大切なんだけど、目の前にあることから何を学ぶかを考えてやってみる。ってことも必要なんじゃないかと思うんだよね…


やっぱり、個性を大事にだとか、個人の主張を大事にだとか・・・
そういうのを、大袈裟に捉えすぎてるんじゃないかなぁ・・・


今の小学校や中学校の教育ってどうなってるんだろう。


その辺の教育から徐々に変えていかなくちゃ、日本を支える科学者・研究者なんて何年かけたって輩出できやしないと思うのだがね。



そういう話を先生たちとしてみたり。


私もいっちょ前な事言うようになっちゃったな~とか思いながら(笑)


でも、今のところ、私が一番学生達に近いところにいる、準スタッフだから(笑)
私が言いたい事は、聞いてくれる環境だってのが、私には面白くあり、心地いいけどね(笑)



もっと、子供を育ててる人と、人の教育方針を作る権限を持ってる人に頑張ってもらいたいな。


自分達の体裁、建て前、利益なんて考えず、なりふり構わずにやらなかったら、この国の若者はある意味、死んでしまうんじゃないかと、一応、まだ自分も若者だけど(苦笑)心配です。



P.S.
拍手してくださった方々、どうもありがとうございますm(_ _ )m
「なんか、分かるよ。」と共感してくださった方がいると思うと、嬉しいです♪
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/815-9ef1864d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。