Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイエンスとコミュニケーション

2007.05.04 研究者のたまごの苦戦
水曜日には東大の博物館へ行ってきました。
と言っても、今博物館は閉館中なのですが。。。
「社会と科学」について研究している方をKEKの広報室にお邪魔した時に紹介して頂き、先方もお忙しい中会ってくださるとの事だったのでお話を聞きに行ってきました。

やっぱり研究職を探してみようと、なかば心は決まっていたのですがね。
どこをメインにするかというだけで、科学を人に伝える仕事を諦めるつもりはないので、今後の参考になると思い楽しみに行ってきました。

実際、楽しかったし、すごくためになりました☆

科学を人に伝えるって、この石の成分は○○で…とか、この粒子の性質は××で…とか、そういう詳細を言う事だけを言うわけじゃないんだよね。
成果を分かりやすく伝えるっていうのも確かにサイエンスコミュニケーションには入るけど、むしろ成果を伝えるよりも科学の楽しさを伝える方が重要というか…

研究職に携わってない人、理科系の話が苦手な人、科学に興味がない人に伝えるべきは、科学の中にある「面白さ」や「楽しさ」だと思うわけです。

私の事で言うと「物理が専攻」と知ると、大抵の人は「私にはそういう難しいのは分らないわぁ。。。」といった『難しい』とか『分らない』という言葉をやたらに聞く。
それは、大抵の人が「物理は難しいもの」とある意味、分かっちゃってるから。

じゃあ、物理研究している人たちがなぜいるのか?
まあ、自分も一応含めて…(苦笑)たぶん、物理研究をしている人に聞けば、(確かに難しい部分はあるけれど)「物理 = 楽しい(or 面白い)」って言うと思うんだよね。(等号式にしていいのか?とかそういう深い話は置いておいて(笑))

「難しい」と枠にくくって入ってこないのは、なんでか?って言ったら楽しさに気付くことが出来なかったからでしょ。

決して、物理が楽しいと思う人やそれが高じて研究にまで発展した人たちが頭がいいわけじゃない。
優れているわけじゃなく、その面白い!と思える瞬間に出会えたかどうか?って事だと思う。

得意・不得意があるからそれに専念するかどうかは別として、人であれば誰もがある程度は科学を知って、理解して、面白いと思えると思うんだよね。


現状があるのは、学校教育のせいかなぁ?…
点数が取れないとひどい時は落第(赤点)でしょ(苦笑)
そんなので、楽しさなんて分かんないよね(^-^;

私は物理だけじゃなく、生物がものすごく好き。
よく生物は暗記モノで嫌だと言ってる人を聞いたことあるけど、私にはわからない。
暗記モノっていうけど、楽しいじゃん!
楽しい、面白いって思えたら、覚えるものだって楽しいんだよ。
自分に知識が増えることに喜びが感じられるもの。

逆に私は歴史が嫌い…
年号覚えて何が楽しいの…と思う。
誰が何したってもう、過去の事じゃん…って。
でも、歴史が好きな人たちが熱く語ってるのを聞くと、そうでもないかも?と思う。
人の生きざま、国の興亡ってドラマだよね。

何をどこで捉えるかで、面白いと思うか好きじゃないと思うかは変わるし、一度面白いと思えば、そんなに拒絶感なく話を聞いたり見たりしようと思えるんだと思う。


何か一つのことの面白さに気付いて研究してきた人たちには、まだその面白さを理解できてない人にそれが分かるように提示する責任ってあると思う。
ただ、問題なのが専門家になってしまうと、専門家になる前に面白いと思ったところを忘れてしまって今の(専門家になった)自分が面白いと思う部分を押し出しちゃうから
やっぱり一般の人が見ると「難しい」になっちゃうんだよね。

そこが、本当に難しいところだと思う(笑)


言いたいことは山のようにあるけど、書く時間が追い付かないので追々書くことにします(笑)

それくらい、将来自分がサイエンスコミュニケーターとなるために必要な情報が得られたいい機会でした!


最後に。。。

あんまり科学が好きじゃないな。と思うみなさん!

博物館へ行ってみてくださいな。

いろいろちょっとずつ見てみて、見た目が「かっこいい」「きれい」とかでもいいので好印象を抱いたものにちょっとだけ近づいてみてください。
たまには説明してくれる人がいるなら質問してみるのは、すごくいい!
絶対、説明員の人は、話したくてうずうずしてるから(笑)
こんな事聞いたら恥ずかしいかな。なんて思う必要ないし。
むしろ、そこに立っている人は、どんな事でもいいから興味を持ってほしい、聞いてほしい。って思ってます。


私は、今回話を聞きに行って博物館めぐりがしたくなったのでした~
まずは、上野に行きたいなぁ。

他にもいい博物館を知っている人がいたら教えてね!!
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/648-bd73062d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。