Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROOTの引数

2006.10.29 初めてのコマンド帳
今までROOTのマクロでメインの関数に引数を渡すの、どうやっていいか分からなくて…(-_-;
読み込むファイルを指定するのに、いちいちscanf使ってグラフ書いていたのさ…

main.Cで
void main(){

char name[64];

printf("FILENAME?");
scanf("%s",&name);

FILE *f=fopen(name,"r");
   ・
   ・
   ・
}
ていう感じに書いていたのだよ…


でも、その指定が出来ないわけないよなぁ…ってこの忙しい時に知りたくなっちゃって(笑)
いちいちprint outするのも面倒で古いversionのままのUser's Guideだけど調べてたら、らしき部分を発見!!

結局、マクロは

void main(const char *name){

FILE *f=fopen(name,"r");

  ・
  ・
  ・
}
とかって書いておいて、コマンドラインで

root -l -b -q 'main.C("FILENAME")'

っとかって書けば良かった。

ちなみにオプションの-lはROOT起動時にROOTのロゴマークが出なくするため。
-bはバッチファイル化できるとかなんとか…だった気がする(苦笑)
よく覚えてない(笑)
でも、グラフィック表示をしないからその分早いね。
グラフィック表示しないからマクロの中でPrint()関数使ってグラフ描かせないと何にも見れないけど(^-^;
-qは、起動して実行し終わったら勝手にquitしてくれるコマンドらしい。

はぁ…
メインの関数に引数を与える時はマクロ名をシングルクォーテーション(')で囲えばいいらしい。


それだけ調べるのに1時間くらいかかったよぅ…(涙)

バカだな…

スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/577-9824f71c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。