Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ない…

2006.10.27 研究者のたまごの苦戦
どいつもこいつもすぐに

『出来ない』

『出来ないと思う』

を口にしやがるわけさ…


本当に出来ないんじゃなくて、面倒くさい。だったり、
思ってるだけでやりようによっては出来たり、
頑張らなきゃ行けない時だったりするわけだけど…

4年生には
「出来ないじゃない。どうしたってやらなきゃいけない事なんだから、出来るまでやるんだよ!」
って怒った事もある…
聞いた本人は、あんまり覚えてないだろうけど(苦笑)

本当に「出来ない」を聞くとキレそうになる。。。





今日は、それに関連して…


解析プログラムを新たに作ってファイル構造も変えて
難問になっていた実験の解析をして
結果を12月の初めに名古屋であるmeetingに英語でtalkせよ。
と言われて…

あと1ヶ月しかないのにプログラムや構造考えてやる?!
もう少し時間があればまだしも…
急いでやると絶対、何か間違えてえらい事しちゃうから嫌だな…(涙)
今回、talkしなきゃダメなの???(涙)
とダダをこねてみたのさ。


そしたら先生が
『お前は人を使うのが下手だからなぁ…そういうのはあいつをうまく使って…』
と言い出したので、

「同じ事実の共有が出来てないから私が「こうしてほしい」と思っても相手には伝わらなくて、いちいち細かく説明しなきゃいけないから彼に頼むのは嫌です」

と言ってしまったのさ…

実際に同じ仕事をして経験をしてみなきゃ、どこが難しくてどう動いてくれると助かるのか細部に渡って分かるわけないじゃん!

でも、先生は
『だけど、彼は解析するために今使ってるツールが難しくて出来ないっていうんだよ』
って言うし…

「だから『出来ない』っていう人には参加してほしくないし、解析のプログラムを作って貰うなんてしたくない。
出来ないって言うのを聞くたびに腹が立って仕方がない!」

ってイラつき過ぎて声が震えて泣いてるチック(笑)になりながら言ったら、さすがに先生も
「じゃあ、本人にもそう言おうか…」
って言いながら暗い顔してた(笑)

だからさ。
プログラマーじゃねぇんだよ!

やるべき仕事はプログラミングじゃねぇ!!

どうやってノイズやゴミの山から宝をほじくるか?っていう事なんだよ!!


先生にとっては「期待をしていた学生」だったから、他のチンタラ学生に向かって言う事を言いにくいし、言わないでいる気持ちも分からないではないけど…


はっきり言って使い物になってないヤツを大事にするな!!



でも、あとでよーーーーく思い返してみて


自分の事、棚に上げてよくもまぁ…
あんな事言えちゃったな…


って若干反省(笑)

スポンサーサイト
コメント9
トラックバック0
2006.10.27 09:03 edit
どうも、はじめましてです。
若干畑違いですが、自分も博士課程の学生です。
何度か訪れていたのですが、初コメントです。

>だからさ。
>プログラマーじゃねぇんだよ!

にあまりにも感動したので(笑)
自分も、VC++とかで、モーター動かしたり、camacやら制御したりのデータ取得プログラミングを作らされることが多いもので。。。

自分は仕事じゃなくて、”研究”がしたいんだよ!と指導教官に怒鳴りつける夢をよく見ますw
たー URL
2006.10.28 06:09 edit
いらっしゃいませw
コメント、ありがとうございますm(_ _)m
嬉しいです♪

既存のもので研究や開拓は出来なくて、その場にあったツールを作製するからこそ研究も進むし、結果も出てくるものだと思うんですよねー。

だけど、プログラムはあくまでもツールの側であって、それが研究でないから
やらされてる立場の人間には不満だし、
それに満足しちゃって研究までたどり着いてないのに平然としてるヤツを見るとイライラする…(苦笑)

たーさんの気持ち、分かる気がしますw

でも、たーさんの分野は私の憧れの分野ですよ!!
いいな~☆
是非、指導教官を張り飛ばす勢いで頑張ってくださいね!!!!(^0^)/~
たまご URL
2006.10.28 08:46 edit
なるほど。研究室事情によってだいぶ違うみたいですね。

僕のところは逆にプログラム開発が趣味で研究対象は割りとどうでもいい教授なので、上から降ってきたプログラムを研究対象に応用して動かすという一番おいしいところをもらってます。ただその場合にはその研究がどの程度まで世間でやられているか、何が問題なのかを自分で見つけないといけないので、それはそれで大変ですけど。

確かにプログラム開発ばっかりやらされたら飽き飽きしますよね。
一番星 URL
2006.10.29 13:40 edit
研究対象あってのプログラム開発じゃないですか、私たちは。
私の偏見かもしれないけど…プログラマーはニーズにあったプログラムを作る事が仕事でそれ以上に応えなくてもいいんじゃないかと思っていて。
研究者はニーズにあったプログラムを書くかもしれないけど、本当に必要なのはそれを使って何らかの解を出さなきゃいけなかったりするわけだし、その解を探すためにそもそもプログラム開発してるわけですよね。。。
プログラムをいじるのが悪いわけじゃなく、研究の道にいるのに「プログラムの解釈が出来て書けて動かせます。」ってところで落ち着いているのはおかしい。と思うわけです。

一番星さんのテーマに関する世間評価のサーチとか…大変そうですね。。
私は、今のところ先生から「こんなのやってる人たちもいるよ~」って論文もらったりしてて自分でサーチしたことがないのが痛いところだなぁ…(-_-;;

あの、突然、唐突な質問で申し訳ないのですが…
天文系でも天文でよく使うような物理量やら理論やらがまとまって毎年発行されるデータBOOKってあるんですか?
誰でも貰えるものなのかな??

素粒子系はparticle data bookっていうのが粒子の質量やら高エネ物理で使う理論っぽい話などがまとめられたのが2年に1回(のはず…)発行されて登録すれば誰でも貰えるんですよ。
うちは宇宙線物理をやってる人もいて、天文系の資料がほしいんだけど、そういうのないのかな~って言う人がいるものだから。。。
たまご URL
2006.10.30 15:27 edit
理科年表かなぁ。書店で千円くらいで売ってますよ。っていってもそれくらいは研究室に一冊くらいありそうだし…。
あとは天文学会に入ってれば天文月報というのが毎月送られてきますけど。

う~ん…それ以上はちょっとわからないです。
一番星 URL
2006.11.01 01:36 edit
一番星さんはじめまして。
たまごさん、再びお邪魔します。

えっと、一番星さんは天文屋さんなんですね?
それと観測屋さんでしょうか?

自分は天文とはちょっと分野が違うのですが、実験系でもあるので、プログラミングやら何やらが必ずしも嫌いというわけでもないのですが、
やはりそういったことばかり、やらされるというのが辛いのかもしれません、
とくに自分の研究分野では、プログラミングやらツール開発やらは、他の人から全く評価されないというのも
一つの理由かもしれませんねぇ。
たー URL
2006.11.01 04:22 edit
☆一番星さん

ありがとうm(_ _ )m
なんか困らせる質問をしてしまってごめんなさい…
星のカタログブックみたいなのがもしかしたらあるのかな~と思ったので(^-^;


☆ たーさん

いつでも気軽にいらしてくださいねw

一番星さんは理論屋さんです、よね??(^-^;
私もよく知らずに話をしていたりするけど…(苦笑)



理論屋さんのプログラム開発って大きな割合を占めているんですかね?

「こういう事が起きてるんじゃないか?」
って予想するのは自分の頭で、それを実際に数値計算させるのにプログラム使うだけでやっぱり、成果にプログラム開発は入らないのでしょうか???
たまご URL
2006.11.02 06:18 edit
たーさん、はじめまして!言葉かけてくれてありがとう。

天文屋さんなんて言われるにはおこがましいというか、あつかましいというか…。天文というよりは物理の方で、でも純粋な物理というわけでもなくて…割と中途半端な存在です。
理論屋さん…なのかなぁ。きっと。多分。おそらく。
でも純粋な理論屋さんではなくてシミュレーションしてます。それでプログラムが必要なんですけど、有名な計算法だったりするとコードが公開されていたりするので、それを適当に書き換えて研究することもできるので、それほどプログラムの知識が必要というわけでもないですね。
実験系でもプログラムが必要というのは初めて知りました。いろんな分野の人から話を聞くのはなかなか面白いですね。

たまごさん
>成果にプログラム開発は入らないのでしょうか?
そう!すごいクリティカルな質問です。さすが鋭いところついてきますね。
天文の人はプログラム開発なんて興味なくて、とにかく今ある道具を使って何か結果を出すことが求められるようです。さっさと結果出してたくさん論文書いて出世して…という。そういう意味でうちの指導教官はプログラム開発ばっかりやっているので、天文ではあまり重視されていないような気がします。でも誰かが作ったコードを研究対象に用いて何らかの結果が出たところで、単なる凡人の仕事に過ぎないというのが彼の言い分。自分でコード作った方がその方面では誰もやっていない仕事だからこそ予想しない結果が時に得られるから面白いのかも。
それぞれの世界で求められるものというのは違いますからね。全ての世界で指示されるというのはなかなか難しい…というかほぼ不可能なわけでして。
一番星 URL
2006.11.04 02:23 edit
確かに。
誰かが作ったコード使って結果を出したところで…っていうの、分かる気がします。

でも、そうなると自分が1番にやるわけだから苦労も多いですよね(^-^;

プログラム開発が成果になるのはシミュレーター作ってる人くらいなのかな?

まあ、でも、どんな苦労でも若いうちは売れるほど抱えててもいいんでしょうね(苦笑)
たまご URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/575-363327eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。