Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい

2006.05.10 ただの日記
今日(昨日)は、イタリア文化会館で講演会がありました。

主には、ニュートリノを使った実験の話だったかな。

まあ、ニュートリノに限らず、イタリアとコラボレーションしてる大きな実験チームがこれまでのイタリアとの付き合いを振り返る…的なお話だったんです。

で、そこにはn大のみなさんも来てました☆


>>
n大に行って初めて、研究って楽しいものなのだ!と思えたわけなのでそこの研究室のみんなに会えることは、私には格別なのですヨ♪

日ごろ、薄々感じてはいるけど、そう感じてる自分が間違ってるのかな?と思えることもあったんだけど…

私の大好きなpositive thinking man(笑)と話をしてて
「そうだよね!!」
と共感できる部分がいっぱいあって、救われた気持ちになりました。

F研の人たちは、うちらよりかキツイ生活をしてると思ってるし、それを乗り越えてきてるので、私は彼らの言葉に重みを感じてしまうわけです。

まだ、うちは甘えが平然と許されちゃう部分がある気がしてねぇ…

まあ、それは置いといて(苦笑)


ボスはそんなに出来ない男の方が研究生活は楽しい。

出来る、立派な人がボスだと、そのコピーはいっぱい出来てもなかなか、それを超す人間が出来ないって。
でも、ボスがあまり出来ない人間だと、こっちも必死で考えて仕事をするし可能性を伸ばせる隙間が残ってる。とな。。。

なんか、納得(笑)

日々の微小振動は生きてる証拠。

昨日、いいと言われてた事が、今日になったらダメと言われ、すごい勢いで自分だけ悪者にされるときもある。
天地逆さになったような日も毎日のようにあるけど、それが生きてるって事。
どちらに自分達が進んでるのかを見失わなければ、落ち込む必要なんてないじゃん!

確かに…
言われてた事が覆る事はざらにある(苦笑)
覆された事にガッカリしたり、気落ちするのは、もったいないし馬鹿げてるかもなぁ。。。

己を信じよ!

ある程度の勘や経験、知識が身に付いたら、先生の言う事をまともに受け取らず、意見は聞く。
でも、どうするかは自分でしっかり考えて行動する。
言われたとおりにやっていたら、それが間違ってて余計な時間を取られた。という事が実際にあったし。。。

うん。
まったく。
話を聞かない。人の意見を考えないのは、それはそれでダメだけど…
自分の直感やら経験を生かすのは当然なわけで。
己を信じ、己の判断で研究を進める。
これも、結構大事だな。
先生も全部、分かってるわけでもないし、答えを知ってるわけでもないし。




今日、F研のみんなにうちの後輩たちもあって、みんなキラキラ輝いてる!ってすごく感心してた☆

まあ、輝きを手に入れるには、それなりにしんどい研究生活をしなきゃいけない部分はあるんだけどね(^_^;

でも、すごく励みになったみたいで、それも嬉しかった!


辛くても、輝くっていい事ね!
スポンサーサイト
コメント12
トラックバック0
2006.05.11 23:52 edit
ご無沙汰しています。気分の方は上昇気流に乗った幹事でしょうか?僕の方は実家に帰って休養し、体力回復に努めてました。おかげで連休明けに垂直立ち上がりな状況に耐えられました。

僕も、たまごさんがお会いしたN大F研のみなさんのように輝きたいですね。うちの専攻(さらにいえば研究室)では博士課程の充足率を挙げようと修士の学生に進学を勧めています。しかし、僕以降進学する人はいなく、恐らく自分が博士課程の学生として在籍している間には進学する人が居なさそうです。それも自分が輝いてないからなと思ったり・・・。まぁ、進学率が低い原因は自分のせいじゃないんですけどねw
ただ、人から輝いているようには見られたいですね。それ相応の努力は必要ですけど・・・。
サチク URL
2006.05.12 11:18 edit
初コメントです。なんだか感動しました!うちも輝ける研究者になりたいです。高校の頃は全然なんも考えずに生きてたけど…お互いがんばろうね☆
華 URL
2006.05.13 13:09 edit
☆ サチクさん
やっぱり休養って大事ですね~(^-^)
私は、着陸状態だったのがやっと低空飛行くらいまで上ってきました(^_^;
今は、投稿論文書くのに四苦八苦してます(苦笑)
来月、同じことをやり始める人たちが出てくる事が分かってるので今月中に書き上げて来月には投稿しないと抜かされてしまう…(-_-;

輝きって大事ですよね~(^-^)
でも、原石からダイヤを作るように輝くためには努力や忍耐って必要じゃないですか。
今の学生さんたちは、最初は

「あんなふうに輝きたい!」

と言っていてもその「努力や忍耐」を言い出すと

「あぁ…やっぱり、いいや…」

ってなっちゃうんですよね(苦笑)
あたしは、辛いところを乗りきってこそ輝きたいし、その方がかっこいい!と思うので「大変」と分かると、やめたくなる気持ちは分かるけど(苦笑)諦めちゃう気持ちは分からないんですよねぇ…
たまご URL
2006.05.13 13:16 edit
☆ 華ちゃん

コメントありがと~≧∇≦

彼らは辛さや大変さを強力なバネにしてる感じでみんな、positiveなんだ。
だから、私はいつもそれを羨ましく感じつつ、元気を貰ってるのです。
自分が輝いてると、人に元気をあげられるのよね!

私も輝けるように頑張るぞ!
頑張ろうね~♪

華ちゃんがいる棟は、なんていうところかな?
もしかしたら上に書いたn大の学生たちとどこかですれ違ってるかもね~(笑)
たまご URL
2006.05.13 15:01 edit
うん、頑張ろうね♪
お??そっかぁ~うちは農学部やから、ちょっと場所は違うけど、学食とかで会ってるのかも??そんな素敵な人らとすれ違ってるかもしれんと思うと、なんか、ドキドキやねぇ≧v≦
華 URL
2006.05.13 21:45 edit
そうそう、火曜日これに行くつもりが少しだけあったんだけど、忙しくて行けなかったなぁ。

なんか人数を稼ぐために大分アナウンスが流れていたよ。イタリア大使館から通達があったらしい。
nyminute URL
2006.05.14 01:41 edit
☆ 華ちゃん

農学部?
もしかして裏口門(東○公園の駅の方から上がって来たとこ)からすぐの棟じゃなかったっけ?

違ったかなぁ?
なんか、看板見た気がしたんだけど(苦笑)

ちなみにF研は、野依棟の隣だよ。

あたしの思い込みが間違ってなかったら結構、近くだねw
たまご URL
2006.05.14 01:49 edit
☆ nyminuteさん

えぇ!そうなんですかぁ?!

どうりで…
うちは先生が「交通費、なんとかするから全員出なさい。」と言うので4年生からドクターまでほぼ研究室全員で聴講に行きましたよ…(苦笑)

でも、空席目立ちましたけど・・・(^-^;

講演は最初の方だけイタリア人で、あとは日本人の先生だったので英語はまだ分かる方でした…
おかげで英語の講演でも少しは「分かる」と思えたのでマシかなぁ…トホホ
たまご URL
2006.05.16 13:20 edit
あってるよ~
野依棟の隣も行ったことあるよ~ほんまに学食とか学内で会ってるかもねぇドキドキやね>v<
華 URL
2006.05.16 16:32 edit
やっぱり~☆
じゃあ、出張でそっちに行った時には会いに行くね~(^-^)/~
たまご URL
2006.05.17 17:58 edit
うん!!出張楽しみにしてるさぁ♪
華 URL
2006.05.17 23:21 edit
出張に行く楽しみが増えたヨ♪
たまご URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/470-175cc6ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。