Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガビーン

2004.12.19 研究者のたまごの苦戦
もしかしたら、もしかしちゃったかも…

出来ない。
繋がらない。
と思っていたのは、自分のprogramのバグであったかも…

そもそも最初は、ちまちまと色んなprogramを数回に渡って実行…などとやっていたんだけど(その時は、確実にあっていた(苦笑))ちゃんとpassを通してリンク張っちゃおう!!と心機一転作り直して、newとして使っていたのよ。
そのprogramの中のたった一つの式。
でも、そこが重要だった…
そこが、間違えていたおかげで、そんな飛跡のないところを一生懸命見て「ない、ない」っていっていた可能性が…怜

どういう事をしているかというと…

例えば、plate4とplate5の間の繋ぎを考えるとします。
interaction pointの座標と実際のplate4の飛跡との距離を(x方向をdpx、y方向をdpyとおく)求めます。
その飛跡が次のplate(plate5)でどこにいるかを予想するんだけど、それはビーム方向に進んだ割合Rと同程度、x方向y方向に広がっていくと考えられます。
それで、dpx、dpyをそれぞれR倍してinteraction pointの座標にその値を足してやるとplate5上での位置が予測できるわけです。
で、私がどこを間違えたか、というと…
plate4で、interaction pointの座標との差を取っているわけだから、その差をR倍したものをinteraction pointの座標に加えてやらなければならないのに、plate4の座標に加えていたのですよ…
そうすると、plate5のprediction(予測座標)と言いつつ、それじゃ進みすぎちゃってるわけで…

これを改善したら、ちょっとずつ繋がってきている感じが(^^;
ただいま、scanしなおし中でございます…
どうなることやら~

あぁ、でも、これで春の学会に出れなくなったんだとしたら結構ショックかも…
でも、M論のネタはちょっとは出来るだろうし…秋、仕方ないさ。
ハワイまで行って学会発表してくるよぉ~(涙)
なんで、来年に限って原子核物理だけアメリカと合同なんだよぉ…

スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/46-ee869023
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。