Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

克服

2006.02.23 研究者のたまごの苦戦
昨日、NHKかな…

で、北里柴三郎の特集をやってる番組がありました。

コレラ菌の特性解明とペスト菌の発見をされた方だそうです。
そのおかげで、コレラとペストを人が克服して全快出来るようになったのねぇ。

名前はよく聞くけど実際には伝記の類も読んだ事なかったし、どんな事された方なのかは詳しく知らなんだ…

>>
コレラの特性解明には何万種類の薬の組み合わせを作ってコレラがどう反応するかをひたすらやっていたそうで…

ドイツに留学していた数年間、研究所と自宅間の道しか知らなかったという打ち込みぶり…

すごいなぁ。

ペスト菌を発見したのは、香港でペストが流行した時。
死体解剖して体内にいる菌を特定しようと思ったんだけど
死体にメスをいれているのが中国人に知れたら

死者への冒とく!!

と暴動が起きるかもしれないと気付かれぬように病院の地下で窓を締め切り時には室温40度にもなるような劣悪な環境でペスト菌発見に努めたんだとか。

その間には調査隊のうちの2人がペストに感染して1人は亡くなったそうです。。。

確か野口英世とかもそうだったと思うけど、病原菌の発見とかって注意はしてるだろうけど、自分の体を危険にさらすって事だよね…

でも、「人々を救いたい」って情熱の元に自分の事なんかより研究に没頭する医学研究者には敬服いたします。

研究には、そういう「情熱」って絶対必要だよね。

最初は情熱を持っていても時経つうちに私利私欲にまみれて忘れていってしまう研究者もいるだろうし
なんとなく、面白そうだな…程度にやってたら調子よく進んで研究者の立場を得てしまった人もいるだろうけど…

やっぱり「情熱」を持って邁進してきた研究者には叶わないよね。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/404-e760eb13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。