Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒研発表

2006.02.16 ただの日記
明日っていうか…今日。
うちの4年生の卒研発表です。

うーん…
みんなっていうか乾板組は、なんとかなりそうで良かった(^-^)

卒研発表っていうと自分の惨めな発表を思い出すわ…


>>
本当にね、4年生の頃はまだ頭もおかしくなってなかったし
すごく「やりたい!知りたい!」って意欲が強くてさ。

文字通り24時間研究してた。
って言っても4年生だし、たかが知れてるんだけどねf^-^;

でも、自分に出来る仕事は可能な限りやってたよ。

「女の子なのにタフだよね…」
って先輩には驚かれてたけど、そんなの自分の中では当たり前だったな。

毎日、家に帰るなんて考えられなかったし。
朝の始発で2時間半かけて家に戻って、お風呂入って2時間くらい仮眠して
お昼にまた学校向かって夕方近くには研究室に戻る。。。
とかしてた時もあったし。

分からない事は先生にしょっちゅう「分かりません…」って泣きついて話を聞きに行ってたしさ。

だから、ぶっちゃけ今の後輩、誰を見ても
「足りねぇなぁ…」
って思いがよぎってしまうわけ(苦笑)

だけど、そんな生活が良かったか?っていうと
人によるしね。

そこまでガツガツしなくても出来る人もいるし
そこまでしたくない人もいるし…


私がちょっと昔にガツガツやっていたのを見たことのある後輩は少ないんだよね…
同じ事を乾板組の後輩に付き合わせてやらせたら、ついてこられないどころか、辛すぎたみたいで学校来れなくなっちゃったし…
(今になってみると悪い事したなぁ(^_^; )
その彼らも今年、卒業出来るみたいで良かったよ。


卒研で結果が出せなかったのは、怠けていたからじゃなく、難し過ぎてよく出来なかったからなんだけど。。。

発表直前になってもどうしても結果が出せなくてさ。

ずっと解析してたから発表も1回だけ先生に見てもらっただけで練習はほとんどしてなかったし…

いよいよ、これから発表。っていう時になって結論が出なくて

「先生、どうしたらいいですか?やっぱり結果が出ないんですけど…」

って言ったら

「知らないよ、そんなの。もう発表始まるから早く会場行きなさい」

死ぬかと思ったよ(苦笑)

すごく必死にやって来てたのに最後は「知らないよ」

吐きそうになりながら「どうしよー」って同級生のmちゃんに訴えたら

「しっかりしろ。とにかく落ち着け!聞いてやるから来な!」

って言われて会場近くの部屋に連れてかれた(笑)

mちゃんだって始めての発表で緊張してただろうにさ。

よっぽど私がいかれた顔してたんだろうなぁ(爆)

「話してみな」

って言われて結論が出なかった卒研を取り繕うには…って考えて
こうすれば問題は解決するはず。っていう展望を述べる事でどうにか抑えて…(^-^;

「今の話の流れ、変じゃない??」

「うん。別に違和感ないよ。大丈夫だよ、それでいけるよ。」

で、それで話した。
先生も練習の時には最後まで私の話は聞いてないから(っていうか練習してる場合じゃなかったから…)、その場で初耳でしょうけどね(苦笑)

まあ、どっ違ったことは言ってないのでセーフでしょう(苦笑)

何回もこの話、ここにも書いてるんだけどさ。

本当に苦しくて、今でも自分の中でトラウマというか…
ズキズキする傷なんだよね。

だから、こうやって書いて解放してるわけ(苦笑)

で、その苦しさを味わったおかげで後輩たちにはそんな目にあわせたくないと思うんだけど。

直前近くなってきてグチャグチャ言うだけ言いやがる奴って結構いるんだけど(苦笑)

いいか、悪いかっていう判定は直前には必要ないと思うんだよね…

必要なのはどう改善するか?
どう人にアピールするか?
どうしたら自分はpositiveになれるか?

そういうのが必要で
「それは、ダメじゃないの?」
ってコメント不要。と思うわけ。

発表者を不安な気持ちにさせて何がいいんだ?

「そんなの甘えてる」って考える人もいるかもしれないけど、「甘えてて何が悪い」

そうすれば、より良い発表が出来るとでも?
人が育つとでも?

なんかね…そう思い込んでるだけで本当の意味でいいかって疑問だと思うんだけどなぁ…

でも、そう思っていてもやっちゃうんだよね(苦笑)

昨日、初めて4年生の発表見て、前日なのにうるさいこと言ったような気が…

「なんだよ、普段ろくに居もしないくせに、こういう時だけうるさいなぁ」

と思っただろうけど(苦笑)私にかき混ぜられながらもちゃんとトラペン完成させてたし(^-^;

今日、みんながうまくいきますように!!

スポンサーサイト
コメント4
トラックバック0
2006.02.16 13:03 edit
たまごさん、すごい4年生だったんですね。


ふむふむ。
確かに、否定してばかりじゃ成長しないと思う。そこらへん、教官はわかって欲しいよね~。
うちの研究室にもいまっせ。
否定しかしない人。嫌味しか言えない人。
まー、その人は研究者とか教官である前に人間的にどうかと思いますけど。
あ、いけない。ここで愚痴ってしまいましたね。(汗)

後輩をどう育成していくか?
どこの世界でも重要なテーマですね。
私は、まだまだ教わるほうが多いけど。
令ぽん URL
2006.02.17 00:41 edit
あのころ、本当にがんばっていたね。
ぼくも根拠はないけど「できそう!」みたいな期待のもと、研究に励んでいたよ。

相手にやさしいコメントっていうのは、否定だけじゃなくて「代案」も示しているものですよね。
否定だけしてつっぱねる、というのは、残酷ですよね。
shiba URL
2006.02.17 04:08 edit
☆ 令ぽんさん

そうなのよ、4年の頃は今考えると超人?と思うくらい頑張っちゃったの…
続かなかったけどネ(没

どこの研究室にもいるもんなのですかね?
人を落として快感を味わってるんじゃないかと思うくらい、嫌味言ったり否定しかしなかったりする人って…

いえいえ、愚痴っちゃって下さい!!
本当にそういう人は人間的にも「終わってます」

本当に頭に来てる時は
「偉くなりたいだけなら、よそに行け!
お前なんぞ、やめてしまえぇぇぇぇぇ!!!
この偽教育者がぁぁぁ!!」
と思いますよf^-^;

令ぽんさんも、着実に知識なり技術なりを習得して先輩への一歩を踏み出してると思いますよw
でも、先輩の立場になったとしても「まだまだ教わる事はたくさんある」の精神はなくさない方がいいなぁ。と個人的には思います。
ある意味では教えてくれるのって後輩だったりもするのでね(^-^;

段々、説教臭くなってしまったのでここら辺でやめておきます(苦笑)
たまご URL
2006.02.17 04:16 edit
☆ shibaさん

うん。
でも「できそう!」はある意味、とても重要なmotivationだよね(苦笑)

私もやっとここまで来て、「出来そう!」が「出来る」に変わりそうになってるよf^-^;
(まだ、「変わった」というには時期尚早な感じだけど(苦笑))

確かに「優しい」コメントって甘やかすのとは違うよね。
本当にダメと思える所やぬるい事やって満足してるところではギリギリと怒って詰めることもしてもらわないといけないと思うし。
だけど、それだけじゃまだ足りなくて答えを言わずとも「何をするべきなのか?」を一緒に考えるくらいしてやらんといけないよねぇ??

どうです?
教育者の立場から見て。


知らない人だらけになってきてるだろうけど、また研究室寄ってね。
何なら戻ってきてくれても構わんのだけど(笑)
当時の私たちが見れなかった結果を今なら見せちゃるゾ☆
たまご URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/395-6aad5e88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。