Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには仕事f^-^;

2006.02.14 研究者のたまごの苦戦
毎日更新!が続いているとなんだか無理やりでも書きたくなっちゃって…
とりあえず今のところ続いてます(苦笑)

英単語の勉強は途絶え…
今日も結局単語の書き取り練習やってないし。
センテンスを模範音声の後に従って読んでみるのだけでやめてしまった。

一応、リスニングだけちょっとやったけどさぁ…
数字が3桁超すと私は混乱する事が判明(苦笑)

1回で数字が書き取れず、2,3回聞いてやっと…
おまけにミリオンビリオンが出てきてえーーッと…
いくつだったっけ?0が何個だ??とリスニングじゃないところで突っかかるし(苦笑)

>>
million100万ね。0が6個。。
billion10億。0が9個。だけど、辞書を見るとイギリスとドイツではbillionは1兆を言うんだそうで…
まあ、とにかくたくさん!って事で(笑)



解析は、、、
やってるんだけどね。。。
いまいちだよなぁ…

changable sheet(CS)ってどのビーム集団がreference beamかが分からなくならないようにするためのchamberへ取り外し可能な1枚フィルム(乾板)を用意して、そのCSとchamberを一緒に照射したんだけどね。
そのCSの上下がなぜか反転しちゃってる…
フィルムにはビーム照射上流面に「これが何番目、何のchamberに使ったフィルム」って分かるように名前を書くのです。
その名前は必ず乾板の下の端に書いていたはずなんだけどCSだけ名前を上端にした形でステージに乗っけてscanしないと他のchamber内の乾板とmatchしない…

おかしいなぁ…
名前を書き間違えたなんてあるのかなぁ…

まあ、暗室でやったことだしなぁf^-^;

まあ、とにかく「出来れば」「結果が出れば」いいんだけど(苦笑)

そしてギャップを小さくしたスペクトロメーターの方はビスの閉めすぎでフィルムをたわませちゃって…
ひどいやつは、上流2枚のビーム形状は角度分布で見ると●なのに最後の1枚(ビスに思いっきり押されちゃってる乾板)は



押されすぎて角度分布が輪っかになっちゃってんの…

そのせいなのか、resolution悪いし、π+とπ-で磁場による曲がりじゃない、大きさの違う変な曲がりが見えちゃうし…

シンプルに綺麗に結果が見たい…

先生にはちょうど、ビスで押されてひん曲げちゃったところを外した部分をscanして解析してみれば??と提案されたのでそれをやろうとデータ取得中~

ネタはGET!したとはいえ…
出来れば学会でも面白い結果見せたいよなぁ~

がんばらにゃ!!
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/391-7ce5762a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。