Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難あり。。。

2004.12.09 研究者のたまごの苦戦
こともあろうか、今日の研究室会議…
人に起こしてもらうことを当てにしていたのがいけないんだけど寝坊…
9時半からなのに起きたのが10時10分…
1時間近く遅刻…
先生にも
「ちゃんと早く来てね」
と念押された(-_-;
すみませ~ん!!
普段ならもっと嫌味を言われそうだけど、あんまり言って逃げられては困るとお思いなのか、「軽い注意」(笑)
まあ、もう一人の先生は研究室会議の遅刻、早退?(不在)なんてしょっちゅうだから、学生に強く言えない部分もあるのかもしれないし。
プラス精神的な弱さもあって研究室に来れなくなってしまった学生達もいて、当然の事ながらそういう子たちは会議には参加できないから会議への出席者数が減り気味で…遅刻しても頭数がいてくれるだけマシ扱い(苦笑)

何が原因でみんな研究室が嫌になっていっちゃうんだろうなぁ…

もしかして私?
よく、「おまえが威圧的だからだ。」って言われるんだよね。そんなつもりはまったくないんだけど…
だけど、人それぞれ色んな弱さを持っているわけだし
「弱い奴が悪いんだ」
なんてとっても言えないなぁ…
誰かが何かの形でそういう所をカバー出来たらいいんだけどね。
最近、チームワークについてまた少し考えていたんだけど、同じ目的を持っていても温度の違いも色んな意味での力の違いもあるから目的だけが一致していてもやっぱりいいチームワークにはならないんじゃないかって気がしてます。

http://blog.livedoor.jp/shibacchori/archives/10372240.html

誰もがガンガン出来るわけじゃないけど、その中でも人の役割って色々あると思うんだ。
今、この先について本当に不安です。
研究室がこのままじゃ崩壊しちゃうんじゃないかって…
やっぱり実験には人が必要なんだよねぇ(^^;
どんどん、みんながやめていっちゃう今、この時に直面してみて、そんな心配もなく手伝ってくれると思える「当て」があった去年は研究室として幸せだったのだな。と実感してます。(来年になったって全くないわけじゃないんだけどね(苦笑)数の問題ですかな?)
自分の研究がうまくいっていないのに加えて、研究室の人手が足りないとなると心配も倍増(苦笑)
新しい実験出来ないと楽しくないしなぁ(笑)

本当に去年が戻ってきて欲しい…
それを思うと涙がこぼれます。

それから、まさか自分がそんなに細部まで気配りの行く人間だとは思っていないし、出来なくても仕方なかったのかもしれないけど、でも今は一緒に研究室で仕事が出来ない仲間にもっと私なりに働きかけたり、支えたり、励ましたり…そんなんじゃなくても笑わせたり(^O^)(笑いは生活の中で大事☆)とか出来たんじゃないかと思うと悪かったな。と思ってなりません。

やっぱり謙遜じゃなかったんだよね…
ごう慢は人を苦しめる特質です。
自分も他人も…

今日は、また乾板の画像を撮ったので載せてみました。
デジカメないからココに載せるっていったら乾板の画像くらいしかないんだよね(苦笑)
下の方に二本線引いてあるその間隔が10μm。
小数点の後に6桁つくのがμっていう単位です。
加工していたパソコンでは暗さが丁度良かったんだけど、見る人によっては真っ黒に見えちゃって良く分からないかもしれないけど…
画面の左寄りとかに真っ黒の結構大きいしみのようなものが、インジウムの飛跡(おそらく2つ分(^^;)画面に対して垂直に入ってます。
なんで、こんなに飛跡が太いようにみえるの?って言われるとまた、それはお話しなければならない事が増えるので、リクエストがあれば書きます(笑)
このインジウムが検出器(chamber)の前方にある鉛のtargetに当たった事象を探してそれを解析するんです。
かすかに見える黒い飛跡以外に白い点があるんだけど、それは自動飛跡読取装置(UTS)が読み出してきた飛跡の情報をplot(表示)したもの。
あまりに濃い飛跡は読み飛ばすような設定でscanしているので衝突から出て来た2次粒子とコンプトン電子と言われるものくらいが検出されてます。
あと、飛跡同士が密集していても分離できないので、全部の飛跡を取りきれないんだよね。
そういうのはもっと下流に行って飛跡同士がまばらに広がったところから再構成していきます。
丁寧に解析する時は、人間が自分の目を使ってscanをする時もあります。
画像の真ん中あたりに丁度、衝突(interaction)があって飛跡が密集しているので取り切れていない部分があるんだけど、分かるかなぁ?(苦笑)
暗いし、普通乾板見たことない人が見たらわかんないよね…(苦笑)

これは、撮影失敗か…
おまけに、加工にも失敗だなぁ(苦笑)



                 インジウムと生成2次粒子の飛跡
anint.jpg
んで、見にくいかと思ってもうちょっとよさげに出来た画像に差し替えてみた(苦笑)これなら、ちょっと分かりやすい(ハズ…)
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/38-f6ab362b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。