Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまった!!!

2005.12.11 研究者のたまごの苦戦
やばいよ、やばいよ~(´д`;)ゞ

やっちまったよ~

大失敗を…

それも照射の前から私が仕込んだミスだった…|||i|||iii|i _| ̄| ii|||||||i|i|ii|ガックシ

どうして、どうしてこうなっちゃうのぉ~!!(涙)
>>
何が起きたかって

Reference edgeというものを間違えたのです…

通常使用している乾板はfull sizeが約10×12cmのサイズなわけ。

でも、永久磁石の穴の中にそんな大きな乾板は入らないので大体6×5cmくらいの大きさにカットするわけなんですよ。

そのカットをした時に、どの辺を切ってどの辺を切っていないか?をはっきりさせておいてそのカットをしていない角を基準に乾板の座標を作るわけです…

その乾板の座標の元になるのがグリッドマークなわけだけど…
その元にするグリッドマークはカットしていないreference edgeを基準に打つ事で最大限に生きるわけなんです。

ところが…

全34枚のうち17枚のreference edgeじゃないとこ、使ってました…
(残りの17枚は大丈夫だったけど(^^;)

時間がない…と、とりあえず乾板のカットだけ私が一人で暗室に入ってやったんです。

その時に切った辺を確認のために最初の一枚はedgeを触って
「うん、ここざらついてる。
ここを切ったんだな。」
って2辺を確認したの。

でもね…
その一枚目の最初に確認した時のフィルムはカットしていない辺も少し荒れていたみたいで…
どうやら切っていない辺を切断辺と認識してしまったようです…(泣)

マジ、ありえない。。。iii|||i|i|i||(T_T)|||iiii||i|i|

凹んでしまって明日から、学校行けそうにありません(号泣)
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/328-fb60d3d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。