Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ぉぉぉぉ

2005.09.23 研究者のたまごの苦戦
今日は、乾板解析の後輩と相談しながら解析方法の打ち合わせ。
久しぶりに彼・彼女と会えて嬉しかったしw

でも、私がさぼっていたので会えたのは午後でしたけど…
(ごめんにょm(_ _)m)

昨日、膨潤した乾板の膜厚も測ってみる。

う、薄い…

薄くなっちゃったよ…
でも、原子核乾板は通常ベースと呼ぶアクリルなどの板の両面に乳剤が塗ってあるんだけど
その両面同士の乳剤層の差のばらつきは小さくなった。

膨潤する前は、ステージに乾板を置いた時の上層乳剤と下層乳剤の厚みに差がすごくあるところ、少ししかないところとムラが結構あって、自動で飛跡を読み込むには不向きだったからね。

ここが改善されたから、とりあえずよしとしてscan開始してみました。


>>
私が関わっているP152と名前のつく実験で論文が出されるんです。

これから投稿なんだけどね。

そのドラフト(草稿っていうのかな?)を先生とこの前読み合わせしたのね。

それを先生が「うちで読み合わせして気づいた事をメールします。」ってメーリングリストに流していたけど…

一緒に読んでいても
「ここの英語なんか変だよね~?」
って言われても私にはイマイチピンとこず…

今日、先生が回してたメールにはその読み合わせのときに言っていたものより更に上乗せされていて、

ふぉぉぉ~

経験がなせる業なのか、やっぱり先生です。
当たり前だけど(笑)
言われてみれば、確かにそういう英語の方がよさそう。ってのがいっぱい書いてあったし。


私の精神的に弱い部分を引き出して打ち叩くような事をするので
「恐怖」感から自分の先生は好きではないけど、
やはり先生なので、尊敬する部分は当然あるのですよ。

まだ「研究者のたまご」なので先生をバカに出来るほど実力もついていないですし(苦笑)

先生と関わる事でムカッときたり、すごく嫌な気持ち、不愉快になったりすることはあるんだけど、学ぶ事はまだまだ、たくさんある事も事実。

その事実と理性と感情がうまく平衡保てず、ギクシャクする今日この頃なのです(笑)
スポンサーサイト
コメント0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。