Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛さは何倍?

2005.09.08 私の思考パターン解析
本屋で立ち読みをしようとうろちょろしていて、ちょっと目に留まった本があった。

『「うつ」をやめたら楽になる』という本。

気になってテストをやってみた。

あなたはうつにかかっているか?



>>
どんな質問項目があったか、覚えていないけど全部で18問あった。
それの大半にYESと答えられる場合、悪化しないうちにすぐに医師の診断を受けてください。との事。

18問中15問がYESだった・・・

最近、殊にストレステストやら精神分析テストのようなものをやってみるとすべて
「要注意」
「危険」
「すぐに医師の診断を受けましょう」
の回答が出てくる。

大学に入ってから、度合いは増してはいるけど、実は幼少の頃からこの傾向はあってかなり長年に渡る。

だから、仕方ないと諦め、とにかく自分がしたい事をだけを見るようにして、ダークな感情に自分が流されないように心がけてきた。

その感情に流されないようにするのが、ここ数年かなり厳しい…

張り詰めていたものが切れた瞬間はM1になったある日の事。

前にも日記に書いたような気がするけど…

「やっぱりね、結果なんて出ないと思ったんだよぉ。仕方ないよね。
まあ、いいでしょ?これでも、乾板の事は学べたんだから」


そういうような言葉を先生に聞かされた。
それが、私の学部生の時の仕事の評価だった。

4年生の頃は、何をやると価値のある結果になるのか分からず(今もあんまり分かってないけど…(苦笑))先生に、卒論のテーマは決めてもらっていた。

でも、乾板がやりたかったし、CHORUSというニュートリノ振動実験の第2段階の物理解析というphaseにあって、解析がしたかった。
なんとか結果が出したくて、見かけによらず…体が丈夫でなかったけれど、気力だけで1日3時間睡眠を続けて4年生なりに、自分なりにかなり頑張っていた。

でも、残念ながらまったく結果のけの字も出ず、発表会も散々だった。

その時点で少し落ち込んでは、いた。

研究者になりたいという自分の願いは無理なことなのか?
かなり頑張ったと思うのに…

M1になって一番最初の院生meetingで先生は、まずこう言われた。

「その解析は君にはまだ早いから、もうやめなよ」


・・・
みんなの前で、それを言われ、まったく返す言葉がなかった・・・

「はい・・・」

なんで、「まだ早い」と分かっていて、私が『やりたい』と言った時にその大変さとか他の実験の紹介などの話をしてくれなかったんだろうか?

と疑問が沸いた。

私の1年は、なんだったんだろう?

さらに、しばらくして更にある時、上のセリフを言われた。

これを読む人がどう捕らえるか分からないけれど、確実に間違いなく

「仕事は無駄なものだったけれど、やり方を覚えたし、まあ、良かったでしょ?」

という主旨を言われた。


すべての自分の頑張りを否定された気分になった。

今、振り返るとたぶん、その瞬間に糸が切れたような気がする。

心の底では、先生をまったく信用できなくなった。

また、いつ『その仕事は無駄だったね』と言われるのだろうか…

ビクビクしながら仕事をする。


実は、先生との関係がうまく行っていない。
『嫌い』とか、そういうレベルではなくなってしまった。

それまでは、先生が大好きで、うちの研究室では学部生は1日の研究活動記録を先生に提出するようになっていたので、先生の出張の日には、
「先生がいなくて寂しかったです」
と書いていた。。。

本当に父娘のような関係だったと思う。

それが拒絶感へと変わったのに、相手はそれに気がつかず、今までと同じ関係を求めた言動をしてくるので、仕方なく私も合わせる。

一瞬、昔のように戻れたような気もするけど、すぐに嫌になる…

私が平日なのに研究室に行かない日には必ず、このブログを見に来る…
(なんで、先生がココを知っているかといえば…また話は長い(苦笑))
行動チェックのように…
どこを読んで帰ったかは、ログがある程度残るので分かるのだけれど、ブログがどこからも見えた時は、top記事を読んで帰られたのを見て、「チェックされてるのか・・・」と思えた。

色々、言い出せばきりがないけど、胃が痛くなる…

当然、研究をするにあたって先生との関係が常によい事の方が珍しい事だと思う。

けど、気が合わないとか、好きじゃないとか、そういうことよりも、
自尊心に思いっきり刃物で切りつけられた。という感覚がある。

それが、元で張り詰めた糸が切れて、常に簡単なテストでは、「うつ」という診断が下されるようになったと思う。

あと2年だし(順調に行けば・・・)、ここでやめたくはない、研究を諦めきれないからやめずに、頑張ろうと思うんだけど。
(「向いてないんだからやめた方がいい」
という意見が出てきそうで怖い(^^;)

私の決定は間違っているのかな?
スポンサーサイト
コメント0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。