Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーーー…2

2005.09.06 研究者のたまごの苦戦
そのバッテリーと一緒にUTSの新しい部品が届いていたので、今日、早速交換しました。

さぁてとっっ!!

これで直ってくれますように~


>>
でも、なにかおかしい…

あれ?

交換したいパーツには、滑車をはめ込む切込みというか、くぼみがあるんだけど、そこに滑車が入らない…

え・・・?


・・・怜


・・・

・・・

え?・・・嶺嶺嶺嶺

後で、いろいろ業者にも確認してもらったらその部品のくぼみをその滑車が入るように加工するのは特注事項?だったそうで…

それに気付かず、未加工でパーツか送られてきてしまった…

先生は、
「これ、替えた事あるよ~」
と何回も言ってるから、

「なんで(こうなるん)ですか?以前にも交換した事あるんですよね?」

って聞いたら

「これは、替えた事ないよ。初めてだ」


・・・(-_-;

は?
なんて??


・・・

替えた事あると自信げに言っていた部分は、今回交換したいパーツとセットでフタの役目をするようになっているパーツだそうで…

それは、「替えた事ある」って言わないだろ…と心の中でぼやいてみたり・・・

おまけに、その加工が足りない部分を工作室のフライス盤で自分達で削っちゃおうよ!と言い出す…

私は、かなり精密な構造なんだから、素人がそのパーツを削るのは反対だった。

すっごく嬉しそうに「削っちゃおうよ!削っちゃおうよ!」と言いに来たけど、結局自分でやるわけじゃなく私に「やれ」って事だし・・・

第一、うちの大学には機材の揃った金工室があるわけでも、技官がいるわけでもなく、技官とまでいかなくてもそういうのに通じた人がいるわけでもない…

「何考えてんの、この先生・・・」

もう、ムカつきはじめちゃってただ、意見を求められようが何しようがだんまり(苦笑)

絶対、反対しても
「やってみなきゃ分からない」とか
「じゃあ、このパーツ送り返したりなんだりするお金だしてくれるの?」とか
ふざけた事言ってくるので(経験済み)な~んにも言うのをやめた・・・

結局『態度』で反対してるんだけど(笑)

それが、分かって私に「行って来い」と言っていたのを

「じゃあ、僕も一緒に行くよ」

まあ、結局、センター出ししたりするのが難しくフライス盤もかけられないし、他の方法もあまり芳しくない(実は、ボール盤ならセンター出しが比較的簡単に出来そうだったからフライス盤の歯をくっつけて削ろうとした)ので、中止に・・・

比較的よく工作をされてる他の研究室の先生にまで手伝って頂いたりして迷惑をかけて…

なんかね、意味が分からない。

だって、あの装置は、まだ乾板屋を廃業していないうちにとったら、一番の道具なのに…

装置がガタついていたら、いいデータも取れなくて結果も残せないのに…

なんで、そこにお金をかける事を渋るんだろうか…(-_-;

パソコンをやたら買ったりとか、そういうとこにはお金かけるのにねぇ…

だって技術者がいないんだから、そこにお金かけるしかないじゃん!!

うちの先生は、誰かそういうの得意な人がいてやってくれる環境にいた人だからか、自分達で出来るのが当たり前だと思ってるんだよね・・・
自分は出来ないし、やれないのに・・・
そういう得意な人も突然、出来るようになったんじゃなくて、何回も何回もそういう工作してて技を磨いてきたわけでしょ…

まあ、私には研究室のお金の使い方をとやかく言える権利ないので…

あー…
これで、しみじみ分かった。

学振だとか、科研費だとかお金を取り付けるのってすごく重要~

お金貰えてたら、
「私が払うから、そんな事やめてください」
って言えたのに…怜

で、結局、業者に送り返して加工してもらう事に…

確かにその読取装置の導入以来、その会社はパーツだとか無料で提供してくれてるから注文つけるのが心苦しいのは分かるけどさ・・・

最初っから業者に相談してみれば、いい事じゃないのかねぇ?

送り返したパーツの一つは、変にフライス盤の歯で傷つけて金属がかけちゃってるし…


そんなこんなで、まだまだ装置が直りそうにないわけです…(涙)


もう!一体、私が何をしたって言うのぉ~
スポンサーサイト
コメント0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。