Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり立ち

2005.07.20 研究者のたまごの苦戦
なんか、もうメタメタでした…
火曜日の午前中は、研究室会議なのですが、なんだか凹みました。

「お前、それじゃ学部2年生の物理実験レポートみたいじゃないかよ…」

(-_-;

・・・・

そんな事言われたってね…
昨日、今日やっと出てきたデータであんまり私もよく分かってないんですもの。
まあ、言い訳は尽きないわけです(苦笑)

隣り合う乾板同士のalignmentを取ったつもりなのに3.5σでcutしても10本しかcandidateが残らない…って話をしちゃったわけです(苦笑)
3.5σという数値は、そのcutで残ったcandidateの中に、あるべきtrack(本物の粒子飛跡)のうちの99.9%がpick upできているという条件…
上手い事説明できないなぁ…
この課題はまたのちほど…(苦笑)

詳しい話を長くすると誰にも分からなくなっちゃうからやめておくけど(苦笑)(短くても意味不明だけどね…)
prediction(上流乾板のデータ)と測定値(下流乾板のデータ)のposition differenceもangle differenceも0にpeakが立つように補正値を求めてそれを下流側の乾板にかませる事でalignmentを取っていくのです。
そうやって、最上流の乾板に後ろの乾板の位置を合わせいくのをalignmentと呼んでいるのです。
(これ、専門外の人が見たらなんのこっちゃ、わからないよなぁ…(泣)
まあ、あとでまとめをするつもりでいますけど…)

グラフ上ではalignmentが取れているように見えるし、本物を落とさないようにcutも緩め(3.5σ)にしてあるのに残るcandidateが10本って…

もう1回補正値作り直すとcandidateが450本になるからイタレーションすればいいのかなぁ…
でも、なんか変な感じ…
本当にいいのかな?
>>
当然ダメです(笑)

で、先生2人にいろいろ突っ込まれて

「なんで、そんな事が起きるのよぉ!
ちょっとしっかりしてよね。
原因をちゃんと自分で理解できてるの?」


はぁ…
まったくダメね…_| ̄|○

そりゃあね、まあ、昔の先輩が作ったツールをそのまま使おうとしてたのが仇だったんですけどね…
その補正値を求めるためのツールで得られる系と私が欲しい系がちょびっと違っていてそれをさらにaffine変換しなきゃいけないという…
むちゃくちゃ面倒な事をしていたわけ。
そして、それがうまくいっていなかったというか・・・
間違っていたらしい(笑)

もう、それ見直す方が大変だからツールを書き換える事30分くらい。

できました。

普通に。
決して残るcandidateが10本になんてならないし…
みんな、飛跡は上流plateと下流plateで1対1対応だし、1micronの精度でバッチシ繋がってますw

今までなんか、色んなところでefficiency悪いって言ってたのってこれが種だったりして…(T_T)
なんか、バカの一つ覚えって言うか…
具体的な解析方法を教えてくれる先輩がいない状態でマスターの頃から
えい、やぁー!
ばかりだったし…
昔、使われていたものは間違っていないというおバカな信仰心?に基づいて延々やってきていたわけですよ…
うちの研究室の学生は(-_-;

先生に言わせると、さらに昔はそんな事なかったからまさか、学生がそんなになっているとは思っていないらしい…
最近は確かに、私が
「いや、私がここに入った時からこういう方法で…」
とその古古い解析ツールを示したり、自分たちで考え出したボケボケ解析法を示すと
「えぇ!!!そんなになってんの?
ダメだよ!そんなんじゃぁ!!」
と先生が驚く。というパターンがよくある(笑)
先生とのコミュニケーション不足も深刻ね…

誰も先生との間のギャップが埋められず…
食い違いだからけで…
結果出ないの当たり前ね(苦笑)


なんで、こんなにアホな解析しかしてこなかったんでしょ…

先生曰く
「僕達、ある程度年配の教授陣がデータを見て気になるところは大抵決まっているんだよ。
だから、それを質問してるわけ。
それに、的確に答えられるようじゃなきゃドクターはダメなんだよ。
それに答えられる様にちゃんとデータを見てる?
今回の事も言われる前に自分で気付いて直していかないといけないところだよ。
そうじゃないと、
『彼あるいは彼女は、まだひとり立ちできていないようだね』
って言われてしまうんだ。」


ごもっとも。
納得。
最初、研究室会議でやんや、やんや言われていた時は不満に近いものが多く込み上げてきていたのだけど…
よく考えてみれば、それもひとり立ちのためかぁ。

確かに今、一人で業界に放り出されたら野垂れ死にです…(涙)


ドクターコースの学生が出なくなって、先生との溝が広がって、なんだか研究室としてちゃんと機能していない今日この頃。
立て直さなきゃいけない時でもあるし。
重い荷も何かに一生懸命になっていたら重さを忘れて担げるし。

また研究自体は楽しくなってきたしw
できそうな気はしてます。

このブログ始めた頃はQGPばっかりだったのに、最近、遠のき始めちゃって(苦笑)
よくない傾向ですねぃ。
やり始めた仕事が完結できてなくて。
いや~、やりますよ。

なんか楽しくなってきたから(*^_^*)v



んにゃ?!
楽しくなってきたのはいいけど、私のD論のテーマ何にしようか?…

・・・・・
どよ~ん|||i|||iii|_| ̄||iiii||||i|
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/223-8e00aa6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。