Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doctorの心得?

2005.03.01 研究者のたまごの苦戦
いやはや。
しんどい週間が終わりましたよ。
今日がドクターコースの入学試験で無事、合格致しましたm(_ _)m

まあ、発表は…
先生には、「そんな事言わないでもいいぃ!!」とか「なんだか、すっきりせずにごちゃごちゃ言っておるなぁ…」という感じは少なからずあったそうだけど
今後に期待!
程度にはなっていたらしい(苦笑)
要するに、こいつは進学しても研究なんてやっていけないんじゃないか?というような印象は与えなかったという事でやんす(^^;

結構、しんどい質問もありました(苦笑)
っていうか、私がちゃんと理解していなかっただけなんだけどね。

「chamberのgapの間隔は、後ろに行くに従って大きくなっているように見えるけどそれはなぜですか?」

これには、「実験を始める当初は、前方で粒子同士の繋ぎをしっかりと行って繋ぎ間違いがないようにし、その繋がったtrack情報から角度を作って飛ばすつもりでいたので(繋ぎ間違いを最小限にするために)最初は間隔をあけずに、後ろの方は、エマルションが増えるとscatteringが大きくなるのでなるべくエマルションの量を減らし、かつ繋ぎ間違えを起こさないようにするため1cm程度のギャップになっています。」と答えたんだけど…
書いていても長い(苦笑)
おまけに実験当初は…なんて言わなくていいよね(苦笑)
まあ、この答えは間違ってはいなかったのでセーフ(^^;

もう一つ詰まった質問がこれ。

「それは、proton1つと鉛との反応においてQGPが出来ると思っているのか、InとPbとの反応だと思っているのですか?」

あわせて、「fragmentationは起きないの?」とか「その反応で見えるものはπだけなの?」という質問。
「multiplicity(多重度:衝突から放出される2次粒子の数)が1000近くあるのはおかしい(考えられない)んじゃない?」とまで言われた・・・・

これには、あまりうまく返答できなかったのよね・・・
あとから先生と話してみると言える事はたくさんあったんだけどね(苦笑)

In-Pb反応だけど中身はp-p衝突の重ね合わせである。
この一言が言いたかったのに強く押し出して言えなかったのが一番の欠点(涙)
今回のビームエネルギー(核子あたり158GeV)程度の陽子同士の衝突では2次粒子は10ほど出ます。
Inの中の核子がすべて衝突において反応したとすると[中心衝突]、そのp-p衝突(中性子と陽子は類似と考える)が(Inは質量数が115)110くらい集まるのだからmultiplicityが約1000あると考えるのは妥当です。
QGPが起きていれば多少の変動はあるだろうけど、1000が10000になったりはしない(ハズ(苦笑))
標的のすぐ後ろのエマルションを見てみるとfragmentらしき濃い飛跡が見られないことから反応傍観部(衝突に関係しない原子核破片)があったとしても鉛が薄い[300μm]ものでもfragmentは鉛中で止まって見えないと考えられます。

あぁ、これ言えなかったの悔いが残るな(苦笑)


ドクターの試験前日、先生には再びドクターコースの厳しさを諭されました。

自分のやっている事の意義が明確に持てなければ、自分は一体何しているんだろう?これでいいのだろうか?と迷いが出て、まっすぐに歩む事は出来ないそうです。
毎日、朝起きて大学に研究しに来るのが辛くなるって。
(えっ…ここ数ヶ月、それに近かったりする・・・(苦笑))
それも3年間はあっという間で、ドクターの試験を受けるためには投稿論文がacceptedされなければいけなくなったそうで…
投稿論文は当然英語で、考察に考察を重ねて書くから自分のD論(英語)とあわせて論文書くだけで1年かかる。
最初の1年で研究に目処が立たなければ、3年で取るのは難しいって・・・

今回の解析に2年かかっている(実際正式に始めたのは、今年の夏からだから半年ちょっとだけどさ)のにこれから1年で結果が出るのか??????(-_-;

確かに心配。

自分で物理研究の意義を見失いそう。

でも、やっぱり研究って好きなんです(^o^)/

厳しいのは分かっているさ。
英語出来なきゃ話にならないし・・・・
一人で照射に行ってこい!!が当たり前・・・
一人で海外・・・
無理・・・
でも、やれば何とかなるはずだし(苦笑)

ある時には楽天的な考えも必要なわけよね(苦笑)
「大丈夫!!なんとかなる!」

自分の可能性を信じて「大海原」に飛び込んで行っちゃう(頭が悪いだけかもしれないが・・・(絶句))のもある意味で才能というか、その人の力、能力なんじゃないか?って気がしてます。
「不安定に耐えられない」そういう人もいるらしいけど・・・
結局、安定してる人なんてこの世にはいないと思う。

いつしか、突然安定は不安定に変わるもので、それが長期の周期でやってくる方が怖いような気がする(苦笑)
だって!!
陽子だってニュートリノだっていつかは崩壊するんだよ!(笑)
(まあ、ニュートリノの方は色んな理論、立場があるのかもしれないけど(^^;)
自分を信じてくれる人、励ましてくれる人、支えてくれる人・・・それらがいれば日常の苦境はなんとか乗り切れるものです!!

私は、そう信じたい!ですヨ♪(笑)
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://fundamentalphys.blog35.fc2.com/tb.php/106-9988e0bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。