Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C++をマスターしたい!!

2005.03.30 研究者のたまごの苦戦
あぁ、本当にみんないなくなっちゃったなぁ…

もうあそこに、あの席にあの人が座る事はないんだなって思うと大変寂しくなります(TAT)

でも、寂しいばかりを言っているわけにもいかず…
昨日は、研究室のもう一人の先生に
「どこまで(解析)やるの?」
と聞かれ…
新しい実験を始めるならそれに関係した勉強を始めなければいけないし、とりあえず磁場に入っていないチェンバーであれば下流までちゃんと繋がる事をしめすところまで…と答えたのだけど…
それを、担当教官と相談した?と聞かれて言葉につまりました(苦笑)

「『話そう』とは言うんですけど、先生がお忙しいようですれ違ってばかりです。」

先生がいけないのではなく、私が口を利きたくないからと逃げまくっているのをごまかした…(^^;


本当にS-UTS(今のスキャンニングシステムよりもさらに高速の自動飛跡読取装置。最近、完成した(らしい))なんかでデータを取得するようになったら今のプログラミングじゃ、間に合わない(苦笑)
ある程度、勉強をしてそういうのが可能になる環境作りをしていかなきゃいけないんだけどそれにはやはりプラットホーム(?っていうのかな?)をC++にするといろいろと便利がいいようで…
今日は、自分の持っているC++の本をパラパラと読んで今使っているプログラムを練習にC++に書き換えてみようかと思ったけど…
本読んでるだけじゃねぇ…

と言いつつ、読んでいるだけで終わった(苦笑)

なんとなくクラスは分かったんだけど…

まあ、これからです(^^;
(なんて悠長な事言っていてはいけないんですけどね…)
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

2005.03.29 ただの日記
やる気が出ない…

やる事が自分の中ではっきりしない…

やばい…

どうしようか?
コメント0
トラックバック0

先の不安

2005.03.28 ただの日記
昨日、内輪で追いコンをしました。
みんなで、ワイワイお酒飲んで話しながらご飯食べて。
白けさせる人もいなければ、嫌な空気も流れず(笑)
M1の後輩たちもみんな来てくれたし、M2もみんな集まれて本当によかった!!
こんなに楽しいならもっと早くからたくさんしたかったな。と思いました。
でも、これでお別れなんだと思ったら悲しくて悲しくて…
泣くのを堪えるのが大変でした(^^;
いずれ、どこかではやってくる別れだけれど思ったよりも早くその別れがやってきたので寂しさがとまりません。


今日は、研究の引継ぎもしました。
今日、引継ぎのために来てくれた同級生はもう学校に来ないので、しばしの別れです。
乾板の研究でも一緒に仕事をする事が多かった同級生(shiba)は自分の荷物を今日すべて片付けて車に積んでいました。
最後に…とM2三人とMPで一緒にご飯に行きました。

「最後」の時間がどんどん増えていきます。

悲しい。

考えなくてもいい事を考えます。
ちょっとした手違いで私は学部のTA(Teaching Assistant)を2つ掛け持たなければならないかもしれなくなりました。(日本語が変…)
それに、マルチメディアのバイトも契約更新したばかりでした…
バイトが3つ。

ドクターでは今までのような生ぬるい研究では世界にも歯が立たないし使い物にならない理学博士では困ります…

乾板の研究の手順やら解析法やらを教えられる人が私の他にいません。
でも、今年から乾板を新しく始めようとする人が増えます。
新しい実験を立ち上げなければ、解析の仕事もなく人だけが溢れます…

最初の1年は「人を教えるのと雑用に追われる」1年なんて悠長なことは言っていられません。
ストレートで進んでいかなければ奨学金が出なくなってしまいます。
オーバードクターになった時点で、大学とは別にコンビニとかでバイトをして学費を稼がなければ卒業も出来なくなってしまいます…

取り越し苦労かな…

そうである事を願います。

新たな生活へと環境が変わっていく人は、その変化について行く為に必死だと思います。
私は…
自分の生活は変わらず、周りがいなくなるだけです。
友達との思い出が詰まった場所で取り残された感が否めません…

先の計画を、自分なりのvisionを立てようと考えれば考えるほど不安ばかりが頭をもたげて…

悲しさと不安はお互いに相乗効果します。

走り始めてしまえば、寝る暇もなく走り続ければ、そんな心配も悲しみもどこか宇宙の彼方へ行ってしまうのでしょうけど…

思い出の多すぎるこの場所で、泣かずに「位置につく」のは容易ではありません。

「用意!! どん!!

はやく自分に合図を送らなくては…
コメント0
トラックバック0

疲れた~

2005.03.27 物理学科専攻なので…
今日で物理学会は終了です。

今日の物理学会はすごかったです(笑)
ニュートリノ振動を示すデータがおかしい…とかで、もめてました。
どうしても振動があるっていう結果が気に食わないみたいです(苦笑)
お互いに異なるシミュレーターを使って振動がある時の理論曲線はこうなる。ない時の振動はこうなる。という結果が食い違っているらしくて…

確かに難しい事は分かるんだけど、疑問があるなら自分たちでも実験を立ち上げるのはどうなんでしょうねぇ?
いくらシミュレーションしててもそのシミュレーター自体正常なのか、本当に実験に則したシミュレーションなのかが分からないんじゃないかとおもうのですが…
猛烈に反対しているところを見ると実測値との比較なんかは当然やっているのかな(^^;



SK(Super Kamioka)は本当に振動のあるはずのところを見ていないのだから「振動がある」なんていう結果は無効だ。
というならじゃあ、自分たちの予想する振動が見られる方法で、あるいはSKと同じような領域のニュートリノ振動を見られる実験を考えてやってみればいいのに…と思うのは考えが幼稚ですかね?(^^;

実験にはバイアスというものがかかりがちなものみたいですからね(^^;
異なる原理で検出しても同じ結果が出るならシミュレーションがどうこうの前に結果は信頼性のあるものになるんじゃないでしょうか?

「シミュレーションでは…シミュレーションでは…」
ってシミュレーションはただ道具に過ぎないし、必要なのは結果じゃん。
と思うのはいけないことかな?

「こうなるはず」という理論(シミュレーション値も理論値に入りますかね?(^^;)は実験を始める上でも必要な事だけど、それだけでは足りなくてやはり実験結果が後押ししてこそ、その理論にも意味が出てくるというものではないでしょうかね?

>>
コメント0
トラックバック0

自分と人との差

2005.03.26 私の思考パターン解析
今日は、うちの研究室の学生が3人ほど発表しました。
みんな、無事に終わってよかったね!
お疲れ~(^o^)/~

今日、同じく学会発表していた人の中で「出来る」強者がいます。
向こうはこっちの事を全く知らないけど(^^;
私は学会発表でみたその彼の堂々振りが小気味良くて好きです(笑)
すごく仕事も出来て、しっかり理解しながら研究をしているようで「不安」という言葉とは無縁の人のように見えます。
さすが…東大は違います(爆)
そして、忙しさが半端ではないでしょう…
特に先生にいいコマと思われていればいるほど、忙しさは人並みではない事うけあいです(^^;

でも、実際のところ人間の出来自体は私達でもその強者でもあまり変わらないのではないか…と思います。
爆弾発言?(笑)



やはり状況をよく知らないと相手がただ「すごい」と見えるものです。

M1の時に初めて名大で仕事をした時の事が思い出されます(^^)
初めて名大で一緒に仕事をした人を同じ学年の人なのに「すごい」人だと思いました。
知識も学力も明らかに自分の方が下で、同じ年数研究しているはずなのに歴然の差が…
ここの研究室にいたら私はやっていけないだろうな。とも思いました。
今でも確かに「相変わらずすごいなぁ…」とは思いますがその時のようにはるか雲の上の人のような感じはしません。
親しくなったという事もあるかもしれないけど、実際に多少なりとも自分の仕事の経験が増えた事に加えて相手がどんな仕事をどれだけこなしているのかの見当がはっきりした事もあるのではないか…
その結果にたどり着く経路や知識の蓄積力などなどに個人的な差があるので、そこから違いは生じるけど、仮に自分が同じ立場で生まれ出てきて同じ状況に置かれたら遅かれ早かれ「この人」のようになれると思えます。

おごっているでしょうか?

だから、今日の最初に書いた東大の強者の彼。
相当すごそうなのは分かりますが、例えばその彼がうちの大学の学生だったら…
同じように今の彼でいたかどうか…
そう考えると環境や状況にたまたま生かされているだけで、その人が本当の意味で「すごい」わけじゃない気がします。
もっとすごい事を言ってしまえば、私は女なので体力面とかで当然比較はできないけど最初から東大にいてその研究室で仕事してたら同じようになれたんじゃないかな?って(笑)
あとは、根気とか辛抱強さとか…個人の特性によって変わる部分はあると思うけど…

生ぬるい環境にいる事を自分に許しているがために自分は至らないだけなのです。
そして「すごい」と見える人は、半分くらいは環境がその人の特性を生かしてくれているのです。

自分から見てすごいと思える人をこういう風に見る事にしました。

何よ? 何か文句ある?
コメント0
トラックバック0

ブログを書く訳

2005.03.25 ただの日記
今日、夜中に帰宅。
その途中でMPと立ち話…
寒風吹きすさぶ中、1時間半くらい(笑)

で、家に帰ってからもいろいろと考えて・・・
最後になんでここにいっつも、こんなに書くんだろうなぁ…って。
なんで話が長いんだろうなぁ・・・って考えた。


たぶん、私が何者かを知って欲しいから。

普通、人は自分の知っている事から類推して相手を判断すると思う。

よく人と接していて「私」のイメージや人となりを
「あなたってこういう人でしょ」
と決められた事にガッカリする事がある。

まあ、確かに私が発する言葉、態度。
それだけを見たら嫌な感じがするかもしれないけど…
そこに行き着くまでの道のりが分かるとまた人によって受け取り方が異なってくると思う。

よく先生に言われたその瞬間は悲しかったり頭に来たりするけれど、状況が段々分かってきてその発言の意図とか、裏に隠されいていた事実を知った時にその「言葉」は重みを増す。
まあ、気分を害された事には変わらないけど納得は出来る。

多分、そういうことがしたくてココに書いているんじゃないだろうか…
人に認められたいという気持ちは普通に誰もが持っている心理だしね(^^;

だから何っていうわけでもない。
別に私を肯定して欲しい、というわけでもないんだけどね…
矛盾してるかな?(苦笑)
コメント0
トラックバック0

学会

2005.03.24 ただの日記
物理学会が今日から始まりました。
今日は、私の研究分野となっているQGPに関する話がたくさんあった日なのですが…
新しい事を知るというより、今の研究の状態では現状打破といいますか…
プログラムのここが出来ないとか…
このtrackを除いてくれないとか…
細かい作業の内容に興味っていうか、気が向いていて新しい事を学んで余計に
「分かんねぇ…」
となりたくなかったのものでサボりました(笑)



今日は、明日発表するshibaのデータ整理に少しお付き合い。
それしか、してないなぁ…
C++の勉強しようと思っていたんだけど…
今日もグズグズしてて研究室来たの昼過ぎだし(苦笑)

昨日、MPが実家から帰ってきたので羽田までお迎えに。

ついでに?髪を切りました。
前からよくやっていたツンツンヘアーにしようとしたら母親に「あの髪型は反社会的だからやめて」と言われ、仕方なく諦めて普通のショートに(笑)
また、3年後の学位記授与式に髪を結えるように伸ばしながら切りたい?と思いま~す。
コメント0
トラックバック0

私、大丈夫?

2005.03.23 私の思考パターン解析
なんだか、最近まったくやる気がおきません…
進学してしまったのに…
特に今日、授業料を払い込んだので完全にうちの研究室のドクターになってしまいました…
ものすごい不安が…
ここまで来てみて
「やっぱり私はいろんな人に支えてもらっていたな」
って実感します。
大して接触がなかったような同級生でもいなくなると影響力は大です…
今までだって会う日はほとんどなかったのに、会えなくなると思うだけでもの凄い寂しさが襲います。
殊に、同じ研究室にいて一緒に苦を共にしていた仲間達に関してはなおさらです。

「ねぇねぇ、どう思う?」
「どうする?」
「聞いてよーーーー!!」
やはり、同級生には同級生ならではの親近感があったもので…
この親近感は、やはり誰にも変えられないものですね・・・
でも、そういう事考えるのは、そろそろやめましょう(^^;
もう後ろを見ても元には戻れないところに来てしまいました…
別れが辛いものである事は誰もが承知の事ですから。

この前の卒業式の写真を現像してしまいました・・・
どすこい女将

これが、私の着ていた着物ですが…
どすこい女将そのものです…
見て悲しくなりました、今さらですけど(苦笑)


今日は、担当教官ではない方の先生に
「進捗状況を聞かせて」と言われました。
しかし…進めてません(涙)
学会の発表練習をしていたので、まあその話は今日は出来ませんでした(^^;

続いて、
「D論を何で書くつもりでいるの?」
と聞かれました。
現在、うちの研究室ではKEKのシャットダウン寸前?のビームタイムの申請が間に合うなら低エネルギーのproton(陽子)の照射実験をやろうかと考えています。
それは、宇宙線のFluxを求める実験に関連した内容で…宇宙線のFluxを求めると考えられているよりもanti-ptoton(反陽子)の数が多くなる傾向が見られているようです。それがなぜか?を突き詰めよう!というのが最初のmotivationでした。まあ、なぜproton?antiprotonじゃないの??という話は、本当に実験が走ったらお話しましょう(^^;

もし本当に実験を立ち上げるなら、どんな物理を見るかをまず明確にしなければチェンバー構造や照射する数など決めることができません。
「何が分かっていて、何を知る必要があるのか、そこら辺の勉強をしないと・・・」
と言われました。
ドクターなら、自分で実験を計画し解析して結果を出しpaperにしなければなりません…
人が立てた計画を言われたとおりにしていればいい時代は終わりました…
そう考えていたら、なおさらブルーに(号泣)

やるしかないんだけど・・・・
本当に私はドクターとしてやっていかれるのか・・・心配です。
コメント0
トラックバック0

大学院生

2005.03.22 ただの日記
今日、初めて「不機嫌なジーン」ってドラマ見た~
いつもは家にいない時間だけど、今日は久しぶりに早くに帰ってみたもので。
やる気もなくて…ただ、遊んでちょびっとデータいじっただけだった(苦笑)
「不機嫌なジーン」いいね(笑)
うらやましい…
そりゃあ、教授にプロポーズもされてみたいちゅーのっ!!(^^;
だけど、教授には早すぎるくらい若くない?
うーん、今まで見てないから設定も良く分からなかったのだけれど…(苦笑)
生物系の大学院生なのかな?
私らは、あぁいうアウトドアがないからその分楽だなあ。
でも、生物にも興味ありなので(虫以外…)あぁいう研究もしてみたいけどね。


いくらか、えー?と思うところもあったけど、ドラマだからなぁ…(^^;
真に受けすぎだとは思いますが(笑)

先生を「教授」とか役職で呼ぶところってあるんですかね?
自分のところはみんな「先生」なのでいちいち、「教授」「教授」って何やねん!!って感じ(爆)
大学院生なら、パソコンがフリーズした時の対処法くらい心得ておけよ!!そんなんで、いちいち突っかかってたら論文書けないよ?とか。
あと、なんか難しいテーマの研究してたみたいだけど、提出したのは結果をまとめたレポート?
論文だったらどんなにデータが揃っていても一晩で書き上げるなんて無理だよね・・・
「論文」というものは、実験レポートと違うからそんな簡単には書けないよ…とか。

そんな事、ドラマだからね。。。。いいんですけど、現実ならそうじゃないんじゃない?!って事で・・・

それにしても、竹内結子さん。
綺麗だよねーーーーー!!!!
確か、同い年くらいだった気が・・・
あぁいう、綺麗な大学院生になりたいわ。
って元が、根本的に違うから無理ですけど(-_-;

そろそろ女の曲がり角…
すっぴんはまずいよなぁ・・・(苦笑)

コメント0
トラックバック0

力のかけら

2005.03.21 研究者のたまごの苦戦
昨日のA兄との会話。

私「大体取ってくるtrackのpulse heightは15とか16なんですけどぉ…」
A「え?フィルム、何使ってるの?」
私「OPERAです。」
A「OPERAでMIPって15とか16って出る?
うち、普段やってると12がピークだよ?
カメラとか大丈夫?」
私「…」

えっ?15とか16じゃおかしい?!

A「厚みってどれくらいなの?」
私「う~ん…45~50μmくらいかなぁ…」
A「そうか。それくらいの厚みがあるとMIPでも15とか16とか出るのかなぁ?」
私「…」「…」

そ、そっか…確かに…
電荷1でしょ。MIPでしょ…
pulse height 16って言ったらblack trackかgrey trackかって感じ?
鋭角のtrackの方がpulse heightは高めに出やすいとは言うけどね…
で、確認を昨日のうちに出来なかったので今日学校に行ってちゃんとpulse height分布をみたらやっぱり15、16のあたりにピークが。
2次粒子じゃない飛跡(track)、例えばδ電子を取った場合、その飛跡のpulse heightは10とか11になったりする事が多いので都合上PH(pulse height)12でcutをしているのでそのように見えるのかもしれないけれど…(苦笑)
なんとか、2次粒子だけを残しbackground trackを除けないものかと色々cutの条件を探ってはいるんだけど、どうもうまくいきません…
はぁ…_| ̄|

ちなみにPHというのは、まあ…飛跡の濃さを表すような量です。maxが16になります。
MIPは最小電離粒子の事をいいます。MIPは、単位長さあたりに失うエネルギーが約1.5MeV~2MeVという一定の値をとります。



今朝、福岡で大きな地震がありました。
昼間、うちのすぐ近くで交通事故があり、車と車が正面衝突していました。
夜、学校に向かう間に2人も「なんだ、この野郎」とか「ふざけんなよ!!」と大きな声で叫ぶおじさんに遭遇しました…

今、月と地球と太陽とか一直線に並んでるのかなぁ?
引き潮?大潮?
まったく体感していないように見える重力だけど、結構、私達人間もこの重力の影響を受けているようですね。
重力の影響で、赤ちゃんが生まれやすかったり、事故を起こしやすかったり、気が狂いやすかったりするようです。
あまり、お医者さんはそういうのを信じないようですけどね(^^;
でも、視覚に加えて平衡感覚とかは重力のおかげでどっちが上でどっちが下とか耳の中で判断してるんですよねぇ?確か…
重力が人間に影響を及ぼしていないなんて、断言できる人はいないような気がしますが…

どなたでも何か、これ↑について知識をお持ちの方、あるいは自分はこう思う!という意見がありましたら是非、お聞かせ下さいm(_ _)m
コメント0
トラックバック0

WELLCOME!!

2005.03.20 ただの日記
今日は、楽しい日でした(^^)
夕方からF研のA兄がいらっしゃいました。
明日の朝、KEKで照射実験だそうです。
そのための乾板をパッキングするのにうちの研究室へ寄ってくださいました。
なんか、その乾板も今までのOPERA実験用のフィルムとはまた違ってかなりかっこいい!!
ちょこっとその実態を教えて頂いちゃいました☆
ありがと~(^o^)/~
新たなる技術開発って本当にすごいし胸踊りますね!!

いつでも、うちへ寄って下さい~♪
お待ちしておりますので。
大した場所ではないんですけどね(苦笑)
設備もしょぼしょぼで…(^^;
でも、やればなんとかなる場所でもあります。



自分のところで出来るのはいい事ではあるけれど、名古屋に仕事に行かれなくなったのはちょっとさみしいですが(笑)

A兄には、解析の話も少し聞いて頂きました。
が…
なんか、結果も出ないはずだろう・・・そんな理解の仕方じゃあさぁ…
って自分で話しててちょっと凹んだ(苦笑)

本当に解析方法とかプログラミングとか…
F研で集中講義受けたいですよ…

先生が許してはくれないですけど(^^;
でも、わかんないなぁ。許してもらえなかったのはマスターだったからでドクターともなれば、一人立ちできるように早いとこ必要な事身に付けておいで~って行かせてくれるかなぁ??(苦笑)
コメント0
トラックバック0

昔話

2005.03.19 私の思考パターン解析
今振り返ると今年1年は残念な年だったな。

自分の研究が自分一人きりでやる仕事だったから後輩を教える事もなかったし、仕事の掛け持ちするのもやめちゃったし…

私が4年の頃。
埼玉から片道2時間半かけて通ってた。いちいち家に帰っていると研究の時間がなくなるからと2日に1回帰宅してた。
「女の子なのに…福ちゃん、タフだよね」とよく言われました(笑)
たまには、お風呂入りに始発で一度家に戻って仮眠を取って午後4時くらいに再び学校に着く。ってな時も…
あの頃はめちゃくちゃ、やってたなぁ。
2日に1回の帰宅が深夜でも翌朝5時には起きて電車に乗って学校には必ず8時に来ていた。来てまずする事が、お茶碗洗いに机拭き(笑)部屋も掃いたりして。
先生が来る前にコーヒーメーカーでコーヒー入れておいて。朝の1時間はそれに費やし、9時からは研究し続け…
それに引き換え、その時のCHORUS実験の私の先輩はほとんど研究室に来ない。
なんでだろ?昔は、国際meetingとか色々出てたみたいだし、研究が楽しいものだって経験いっぱいしているだろうに…
いっつも、そう思っていた。
分からない事も聞けないし、先生に先輩を電話で呼び出してもらったりしてたほど(苦笑)
でも、今ならその先輩の気持ちが分かる(笑)
研究とは別に独特のこの研究室ならではなんじゃないか?という辛さがある事を4年生では分からなかったな。
学部生を先生は「お客さん」扱いする。
でも、院生になったとたんに生徒は「コマ」になる。
風当たりが厳しくなる。
期待されているのかもしれないけど、結構しんどいものがある。
CHORUS実験の解析をしていて、最後の先生たちの言葉。
「君には、まだこの解析の仕事早かったね。やっぱり、そうかなぁって思っていたんだけどね。もう、やめなよ。違うのしよう」
私の1年はなんだったの?
私の卒業研究は何のためにあったのかな?
先生が「コレ」って出してきた仕事なのに…


私がM1の時。
今までは新しい実験するにも活発に動くコマがなかったから断念していたけど…
「君たちの代からまた変えよう!」と先生もはりきって。新しい実験を放医研と共同ではじめる。
突然CERNでの照射も持ち上がった。
乾板のパッキング、現像で名古屋大学のF研のみなさんに非常にお世話になる。
そして、そこで本当の研究室のすごさ?(笑)を初めて知る。みんなが、ポスドクに見える(笑)
深夜作業が続く。寝るとこがなくなって、お風呂にも入れなくなって・・・でもとにかく、初めてだらけで必死!!
現像が終わって解析に取り掛かる。
スキャンで出てくる結果が何を表しているのか?どこがおかしいのか?
そんなの初めてやっていきなり分かるかよ!!(怒)
教えてくれる人はいない。
先生はいるけど、プロットを見せるとただ
「なんでこうなるの?おかしいよ、どっか間違ってる」


どこが、どう間違ってるのか、教えてくれよ…
試行錯誤の繰り返し。
先生にはただせっつかれる。
「結果が遅い。何にそんなに時間がかかってるの?何やってるの?」
寝る時間を削り、研究室に布団を敷いて1日2,3時間の睡眠で毎日毎日、データとにらめっこ。
数字とプログラミング言語との戦い!!!
やっと分かった~☆と先生のとこに結果を持っていくと
「そりゃそうだろね。そうだと前から思ってたよ。なんでもっと早くそれくらい出せないの?」



かなり頑張って…自分の時間も全くとらず必死にやったご褒美の言葉がコレ↑
分かってるんだったらなんで、早く教えてくれないの?そうすれば今頃もっと結果出てるかもしれないのに・・・
その他、いろいろ研究室の雑用の大抵を引き受けて全部並行させながらやり続けた。
でも、最後の一言はいつもコレ。
「早く結果出しなよ」
やってるよ。
やってるの!!
でも、進まないんだもん…限界なんだもん!!
常に文句、プレッシャー、睡眠不足。
でも、物理の結果が欲しくて、新しい事が知りたくてこの研究室では私が一番頑張ってるんです!っていえるぐらいに頑張ろうと必死だった。
でも、必死すぎて自分の目から見て頑張っているように見えない人を「ダメ」扱いしていた。
『簡単に人を判断してはいけないと思うけど、でもやっぱり仕事量少ないし、ダメだよね。』
今思うと、おまえ何様?
そうやって人も傷つけて…

去年、M2。
研究3年目。色々、理不尽な目に遭わされながらも色んな機会を与えてくれた先生にはすごく感謝しているけど…
限界。
M1の最後くらいからもう、研究が嫌になってた。
いくらやっても空回り。
期待していると言われても、もう研究室入ったばっかりのような熱い情熱は、青い小さな火に変わってしまった。
途中から後輩が来なくなった。
ショックだった…
あれ?なんで?
気がつくと周りの後輩たちとは距離が出来ていた。
研究からは遠のいていく自分。
でも、それだってここまで頑張ってきたのよ!!とプライドだけが残る。
正直、後輩をバカにしていた。
ついこの間入ってきたばかりの奴らに何が分かる!
忙しい中、色々考えて私が積み上げたものをそう簡単にお前らに理解なんかできるもんか!!
相手にしてみれば、特に4年生にはだらけだした私しか見たことないから異常なまでに拒絶する私に反感を持つ事うけあい(苦笑)
ただ「認められない」って不満がうっ積して私の縄張りを荒らさないで!!とばかりに噛みついていただけなんだけど。
何の辛さも知らないくせに!
ちょっとやったくらいで、出来るような気になってんじゃねぇよ!!

知らなくて当然。
最初っから知っている人なんていないし。
それを教えるのが先輩の役目じゃないの…

本当は、エレキやる子たちからは、私もエレキもやってみたいし、どんなものなのか知識を分けて欲しかった。
色々教えてもらいたいと思ってた。
乾板関係の実験やる子たちには、私が苦労してわかった事。学んだ事。しなくていい苦労もあるし、一からシステムやら解析法やらを構築する事は、そんなに多くの人が出来るわけじゃない。その時の経験や苦労話も聞いて欲しかったし、教えてあげたい事はいっぱいあった。

でも、もう手遅れ。
後輩たちとの間には溝が出来てしまったし、みんなバラバラ。
私自身、疲れていていまいち、踏み込んではいかれないし。
研究自体は、出来るかもしれないけど…
人間同士の団結には、無理があるかもしれない。
なんでもっと…
なんでもっとうまくできなかったんだろう?

昔の事を思い出すと本当に自分が情けなくなる。

来年度から私はどうしていけばいいんだろう。
乾板を教えられるのは私だけになってしまうのに。また新たな後輩たちとの間にも溝は出来てしまうのかな?
分かっていても、うまく出来ない。
人はすぐ変わらないのよ(苦笑)
物理だけじゃなく、人間関係もまた難問の一つなり。
コメント0
トラックバック0

怒り先に立つ

2005.03.18 ただの日記
最近、まったく物理の話を書いていないなぁ…
って仕方ないか。研究してないし(笑)

また、久々にムカツク事が発生。
どうでもいい事だけど。

昨日は、一日遊んじゃった。
色塗りしたりとか(^^;
結構、塗料はにおいがきついから回りに迷惑かけながらやってます(笑)
さすがに薄め液を使おうと思ったけど、半端じゃなくくさくてやめました(苦笑)
でも、楽しいんだよね~
ギャプランの柄の部分も色塗りできたし。
gaplan.jpg


先生がいないからできるんだけど(^^;

うちの研究室は、「真面目」にしていないといけない研究室で遊ぶとひんしゅくを買います。
「真面目」の教育をされるので知らずに「真面目」になっていくのよね。だから、「最も入りにくい研究室」に位置付けられてます(笑)
選んだ研究室、間違えたかなって感じ。

先生たちも人を見る目がないし…

今更そんな事言ってもね~
あと3年は、確実にここにいるわけだし(笑)
コメント0
トラックバック0

Partner

2005.03.17 ただの日記
今日から、MPが日本だけど…遠い北の海の道へ1週間、帰省しました。
お見送りに行ってきました。
いつも一緒にいると、片割れがいなくなるだけでなんだかとっても寂しいです。
しばらく会えないからと昨日は、遊びにお金と時間を費やしました(苦笑)
私、腕時計がなくて…UFOキャッチャーで可愛いのを発見!!
いいなぁ~ほしいなぁ~ってやってもらったら結局(二人でお金出し合って)100円玉を23枚も使ってしまいました…
↓これがその時計。ピンぼけしてるけど(^^;
ドルフィン時計


そのあと、しばらくガンダムもできないからゲームしに行って…
すごく上手な人と対戦して500円くらい使った…上手な人と対戦していかなきゃ自分もうまくなれないじゃん!!と私は思っていたんだけど、MPは負けまくるゲームなんて楽しくないとご立腹…
でも、付き合わせちゃいました(苦笑)
確かに上手だけど…まったく勝てないようにも思えなかったんだけどねぃ。あと一歩なんだけど、こっちの「作戦負け」みたいな。
上手な人は、その人自身確かに上手なんだけど知ってか、知らずか作戦が立っているように思えるんだなぁ…
やっぱり、闇雲は負けますね(苦笑)

その対戦の後でまたしばらくして、ゲームに行ってみると誰もいなくなっていたからMPと対戦(爆)
そうやって、これから飛行機乗ったりしてお金かかるのにその前に変なところでお金を使わせてしまいました(^^;

しばらくMPが戻ってくるまでは外食もなし、ゲームもなし…なので出金が抑えられるかな(^^;
でも、その後でガバッて使うだろうから結局変わらないんだろうけど(笑)
コメント0
トラックバック0

会いたいな

2005.03.16 ただの日記
想いが届いたように思えた出来事。

会いたい、会いたいと思っていた1つ下の後輩たちが内密に卒業式に会いに来てくれました≧∇≦

その二人うちの一人は私が、密かに(勝手に?)気が合うと思っていた唯一の女の子の後輩でいっぱい話したい事もあったから元気になってくれて嬉しかった☆
話したいと言っても愚痴になっちゃうけどさ。

だけど、それを言うとMPに
「お前がそういう事するから、プレッシャーを感じさせて疲れさせちゃうんだろ!」
って怒られるんだけど…

女同士、ブーブー言い合うのが楽しいってのもあるのが男には分からないのかしら?!
(って、楽しいと思ってるのは私だけかな?(苦笑))

まあ、別に愚痴を聞いてほしいってわけじゃなく、気の合う人と一緒にいたいってのが本心です。

みんな、大好き
コメント0
トラックバック0

卒業式

2005.03.15 ただの日記
今日は、我が大学の理学部の卒業式でした。
学位、授与されちゃいました~(^o^)/~

今年は、母親の成人式の着物を着ました。
「売れない演歌歌手」そのものって感じで…なんか、恥ずかしかった(笑)
母親は、式が始まる時に式典開始の演奏を吹奏楽部の人たちが演奏してくれていたんだけど、それを聞いているだけで涙が出てきたとか…
母親も私のために、働いているようなもんだし、「苦労して面倒見てよかった~」と感無量になったそうです。

親ばかも少し入っているでしょうけど、自分の成長を喜んでもらえるとやっぱり嬉しいね。


父親も喜んでくれたみたいだし。
今日、着た着物と髪型も気に入ったらしく「あれはよく似合ってる」を母親に連発していたそうです。

ばあちゃんに、この前電話で博士後期課程に進学が決まった事を報告したら、
「まだ働きに出ないの?」とか
「嫁にもいけなくなる」とかマイナスな意見ばっかり言っていたのに、
「うちの孫は、博士になるんだ」と近所にも自慢しているそうで…
や、やめてくれぇ~~~!(-_-;

でも、そうやって期待してくれるのは嬉しいかな。

喜んでくれるから頑張れるというもんです。
3年後の(恐らく)学位授与式では、親のお古ではなくB反市で新しい着物を買おうというつもりらしい。。。
ちなみにB反は製作時に微小な傷がついてしまった着物の事でその傷のためにレンタルと同じくらいの値段で生地が買えるらしい。
新しい着物なんて…(-_-;

結構、着物って着慣れてないと辛いかなぁ…
親ばかですね…
コメント0
トラックバック0

はまりまくり

2005.03.14 web関連
最近、本当につい最近からzガンダムのゲームをしにゲーセンに通うようになってしまいました(苦笑)
こうなるのが分かっていたからあえてやらずに…
見ててもそれなりに楽しいから、「見てるだけ~」ってしていたのにぃ~!!!
2日続けて1000円もゲームに投入してしまいました(汗;;;
しかし、それくらいやっていかなければ上達はせんのだよ…
っていいのか??それでっ!!(^^;
サイコが結構好きです。っていうか対戦になったらサイコを使うに限ります(苦笑)
いや、うまい人には何を使っても負けちゃうんだけどね。
MP(My Partner:彼)と対戦するならサイコでイチコロ?です(笑)
でも、やっぱりコンピューターと戦ったりするならギャプランがいいな。
今度は、ディジェと百式とハンブラビと…
くらいかな。
後はちょびっとなら使いましたね。
すんなり勝てるように日々、格闘・射撃訓練をしている「訓練生」であります!!
気分転換と息抜きにはお金もかかるのですね…(-_-;



また、ここからはちょっと違う話なのですが…
今までTeXの覚書とかブログに書きたくても円マークがでなくて全角で円マーク打ったりしてたんだけど…
特殊文字ってちゃんと打てるんですね(^^;当たり前か…
ちなみに円マークは¥で出ます。
このアンドのマークも&で出すんですよ~
ハートとかダイヤとかスペード・クラブ…なども出るんです。
知りませんでした(-_-;
コメント0
トラックバック0

TeX

2005.03.13 TeXの使い方
今日は、真面目な話(笑)

学生実験の来年度のテキスト(乾板)の修正を私がしたんだけど、その時に使ったテクニックの覚え書き。

普通のTeXの枠ってマージンが色々取ってあって紙の真ん中辺にゴチョッって書いてある感じなんだけど…
実験のテキストは用紙を最大限に活用するのでマージンを狭くしなきゃいけなかったんですよ。それで、
¥setlength{¥topmargin}{0mm} % 組版領域上端~ヘッダ部上端のマージン
¥setlength{¥topskip}{0mm} % 本文領域上端~本文のマージン
¥setlength{¥headsep}{0mm} % ヘッダ部下端~本文領域上端のマージン
¥setlength{¥headheight}{0mm} % ヘッダ部の高さ
¥setlength{¥textwidth}{160mm} % 本文領域の幅
¥setlength{¥textheight}{225mm} % 本文領域の高さ

ってプリアンブルに書いて使いました。
紙面を最大限に使える感があってなかなか、良かったです(笑)


コメント0
トラックバック0

真面目に…

2005.03.13 TeXの使い方
ずっと書こうと思っていたTeX関係の覚書の続きを…
TeXって結構な確率で出てほしくないところに図や表を持っていっちゃうんですよね…(^^;

図表を思い通りの位置に表示させる方法としてtableやfigureを指定するオプションに[h]というのがあるんですが、これを[!h]とすると意外にいいところに図表が入ってくれます。
最初、私がこれを知ってやってみた時は図表が動かないで頭にきたんですが、本文とfigure環境やtable環境の間を必ず1行空けるようにして書くと次にコンパイルした時「成功」っていう例に何度もあいました。
これは、修論でも活躍させたオプション指定でした♪


他にも図表に関係するマージンをいじるという方法もあるそうでちょっと試してみましたが、あまり私には効果があるものではありませんでした…
が、参考までに↓
¥setlength{¥textfloatsep}{3pt} % 図表と本文の間のマージン
¥setlength{¥abovecaptionskip}{3pt} % 図表の caption と図表本体の間のマージン
¥setlength{¥belowcaptionskip}{3pt} % 図表の caption 下部のマージン

もっと知りたい方は
LaTeX for writing papers in English
を参考にしてはいかがでしょうか?
コメント0
トラックバック0

むむむ…

2005.03.13 ただの日記
今日(昨日)はガンダムSEEDの放送日でした。
なんかハイネがすごくいい人っぽくて感じよかった~オレンジってカラーもいいよね。
西川さんはオレンジがすきなのかしら?
ただ、頭の色に合わせてるだけ?(笑)
それにしてもミーアがすごい…
アスランを手玉に取ろうとしてませんか?(°д゜;;;
女というものは恐ろしい。
ミーアがデュランダルの言いなりになっているという事は少なからずミーアはデュランダル議長の事が好きなのでしょうねぃ…
好きな男のために狂った女は誰の手におえません(苦笑)


私は学部の3年生の実験のTA(Teaching Assistant)をしているんだけど、そのテキスト作りを最近しました。
基本的に学生には先生が教えてくれるんだけど、細かいところを私が見る感じ。
私自身も3年生の時に初めて乾板見て楽しかった記憶がありますが。
そのテキストをTeX(テフ)で作ったんです。昔の古いTeX-fileを新しいモノに作り変えて…
で、その時初めて使った(知った)テクニック?を覚書にしておこうとおもったんですけどね。
今日は、まずひとつだけ。

テキスト作りで1回悩んだのがページ数をいれるな。(¥pagestyle{empty})って命令が最初に読み込まれているはずなのに最初のページだけ、1ページ目と表示されてしまう…
なんでやねん!!

これは¥maketitleを使うと起こりやすい現象だそうだ。
¥maketitleの定義の中に¥pagestyle{plain}と同様の定義がなされているそうで。
¥maketitle¥thispagestyle{empty}
と定義すれば大丈夫。

本当に大丈夫でした~お試しあれ。
コメント0
トラックバック0

いざ、戦場へ

2005.03.13 I Love GUNDAM!
わたくし「訓練生」であります!!(笑)

すっかりゲームの楽しさに味をしめ、毎回1000円近く費やしてポスト・コーディネーター?あるいは、ポスト・ニュータイプ?を目指して訓練しております。
MP達がいつものように戦場にくりだす中、私は反対側から敵として参戦するわけです。
今日は、それでなかなか勝てず…250円目にしてやっとこ打ち勝ちました(笑)

私は頑張ってるつもりなんだけど、どうやらあまり周りを見ていないようで…
ってか、後ろにいるの分かっててもサーチボタンが効かないんだもん!!
サブ射撃なんてしているつもりもないのになぜか、勝手に?射撃してるし…
空中ダッシュをして避けようとしているのに動かないし…
ぬおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!(゜⊿゜)と頭に来ながら相手に挑んでおります(苦笑)
あと、次に多いのが仲間を撃つ!(笑)
愛のムチで、仲間をいじめます(苦笑)
MPもよく使うけど、ギャプランが結構使いやすい。
接近戦、確かに弱いけどメッサーラはビームチャージが早いし、当てやすい感じ。
ハイザックは私には使えません…(苦笑)
安い機体だからと使ってみたけど、あっという間に死んでしまうので結局意味がなかった(笑)
サイコは、指から撃つすんごい強力ビームがサブ射撃なのか、特殊格闘なのか…撃ちたい時に撃てない…

使ってみたい機体としては、コストが高いんだけどzガンダムとかキュベレイとかジ・オとか…
あと、なぎなたを振り回してみたいのでディジェも使ってみたい。走るの遅いけど(苦笑)
ハンブラビとかノーマルなガンダムなどなど。
試したいものはいっぱいあるので、お金が足りません(笑)
でも、強くなるためにはこれもまた、仕方のない投資なのです(^^;
コメント0
トラックバック0

はまる

2005.03.11 I Love GUNDAM!
ギャプランは完成したんだけど…
ビームサーベルに苦戦中(苦笑)

サーベルの部分と鞘の部分を接着しなきゃいけないんだけど、サーベル側の接着面の部分をパーツから切り取るのでどうしても「切り取る」せいで接着面が平らになりにくい(; _ ;)
普通の工作用ボンドではすぐ取れてしまう。

で、MPからプラモ用の接着剤を借りて付けてみた。
どうしてもサーベルがいがんでしまうように見えるのですよ…
接着面が平らじゃないからだと思うんだけどね。
乾燥させるのにいい場所がなくて、結局ギャプラン本人?に持っててもらう事にしました(^o^)v
ギャプラン・サーベル


今、一(はじめ)というお茶に茶園農家のジオラマフィギュアがついているんです。全部で12種類なんだけど気に入ってしまって集めたくってぇ~(^^;
でも、今日、早速すでに買ったフィギュアである事を忘れダブって買ってしまった…
ショック…_| ̄|○ ←本当にこんな気分(苦笑)
でも、わんこがいる一番気に入っている(はずの)フィギュアなので、学校の机にも飾る事にしました~(^^;
一


今日、実は初めて戦場に出てみました(笑)
MPに「50円あげるから一回やってみ?」って言われてやってみた☆
ギャプランで
そしたら、1面クリア~~!!(爆)
で、その次の面はMPに代わってもらった。最初の面は地上だったので次に宇宙の面が出てきたのでまた、MPに代わってもらってやってみる…
宇宙は難しい…
うまく進めないし、サーチボタンと射撃ボタンとレバーで避ける…が一遍に出来ず(苦笑)
死にました…____○バタリッ
でも、楽しい!!

これからは、MP達がやっている時に敵として一回くらい乱入していこうか。と本気で考えるようになりました(笑)
3Pもできるかもしれないが、私が死んだら作戦失敗でみんな終わっちゃうからね(^^;
楽しみが増えそうです(爆)
コメント0
トラックバック0

私は女です

2005.03.08 研究者のたまごの苦戦
昨日、「理系女の生き方ガイド-女性研究者に学ぶ自己実現法」という本を買いました。
著者の一人である坂東昌子先生の話をニュートリノ振動Workshopで2回ほど聞いたことがあり、私は結構関心があった先生の一人です。
女性でしかも素粒子論の先生なんてどんなに頑張ってきた人なんだろうか?と興味がありました。
やっぱり似たような立場の方の話はおもしろい。
結婚や出産をしても研究者として仕事はしていかれるのね。
でも、坂東先生が書かれている場所で(この本は宇野賀津子先生(生物学)との共著ですので){{実験}}だと時間の確保という面でコントロールが難しいし、家庭との両立は一層大変…というような事を書かれていて…
うーん、確かに…
「なんちゃって研究者のたまご」時代(^^;ですら、研究に頭が向きすぎてそんなつもりじゃなくとも研究にのみ時間を割いて人の気持ち・感情を推し量ることすら出来ずケンカばかりの日々もあったし。
「家庭」となれば、さらにコミュニケーションを図る必要も増えるし妻、あるいは母としても責任も出来て結構大変だろうな…
でも、大変そうだからって何でもかんでもやめちゃっていたら、何にも楽しい事なんてなくなっちゃうしね。
「楽」と「楽しい」は同じ漢字を使うけど、「楽」=「楽しい」ではないような気がする。
大変だからこそ、楽しく感じる事もあるだろうし、結婚する事になっても自分の伴侶が自分にとっての良き理解者である場合は二人で困難を乗り切ってこそ一層の愛情も湧くってもんだと思う。
坂東先生も「同業者の夫婦は楽しめる」って書いていらした。
すでに、ご主人は病気で他界されたそうだけど夫婦で同じ仕事をされた時の話なんてすごくうらやましい感じがしたしね。

それにしても坂東先生も宇野先生もご結婚が早くて・・・坂東先生はドクター進学の時だし、宇野先生は修士の2年生の時に出産まで。
坂東先生は学生結婚で貧しかったそうだけど…苦労は多い分、人生は豊かになるような気はします。
う~ん…もうそろそろで私の母親が、私を産んだ年齢になっちゃうしねぇ…
女(ハナ)の命は短いと平松愛理の歌にもありましたね(^^;
別に女を諦めるつもりはないので(笑)まあ、これから、これから!!
人にはいろんな人生があるし~

私は女でしたので、その辺を取り上げて感想を書いてみましたが(ってか、まだ読み終わっていないのですが…(苦笑))この本、十分男性が読んでも益があります。
特に大学などで何か勉強したいと思っている人には女の人に限らず、研究室選びや研究生活の極意?などなど参考に出来る事が多く書かれています。
女性に限った結婚・出産系の話は本の最後の方に数章程度出てくるだけなので性別を問わず、読んでみていい本だと思いました。


-----------------------------------------------------------------
MPに卒業祝いに買ってもらったギャプランのプラモ。
ちゃんと完成させました☆

ギャプラン


う~ん、もっとプラモがやってみたくなってしまったぁ~!!
色塗りとかもしてみたい。
やるとなったら、とことんこだわってやってみたいのでした(^^;
コメント0
トラックバック0

ミーハー

2005.03.07 ただの日記
今日、MPと話してて
「お前みたいなのは珍しい。物理に対してミーハーな感じがする」
と言われた。
ので、ので…
自分の物理人生?についてちょっと考えてみた。

私は、お勉強が嫌い。大嫌い。
机に向かって座り、セッセッと計算…
ここの積分はどうやるんだ?ここは微分して…
こっちの場合は、この関数で積分、この場合はコレで積分して…

つまらねぇ…(-_-;

そんな事してもさ、新しい事は何にもわかんないよって思っちゃう。

別にそういう基礎知識が必要ないとは思わない。
(業界内で)既知な事を知らずして本当に新しい事は出来ないから。
でも、今までの私の立場から言って何が新しいのか、何が一番分かっていなきゃいけないのか、それは分かる人に聞けばいい事。
だから、必要な事は聞いて大体の外枠が分かれば、じゃあ自分は何を出せば新しい何かを導き出せるのかがおぼろげにでも見えてくる。
もう、それで十分!!
あとは、やりながら。
必要な事を身につけていけばいいやってなもんで、突っ走り。

でも、それをしていたから後から息が切れてやる気がなくなったんだろうけどねぇ(^^;
修論発表とか博士課程の入試やらでどんな物理が見えるのかを考えたり(この時点で考えてる時点で遅すぎるんだけどw)先生達から物理の質問されて、ちょっとやる気も戻りました(苦笑)

これからは、そんなんじゃいけないからね…
ひとり立ちを視線の先にいつも意識して。
それにはお勉強も必要(笑)
でも、全部勉強してからなんてやっていたら自分が出遅れちゃう。
新しい事を競って見つけ出すこの業界では、そんな悠長な事言っていたらドンドン先を越されちゃうから、無理やりにでも走りながら中継地点で色々補給するしかない。と思っているのだ。
学問に「競争」の概念?が入ってくるのはなんとも言いがたいが・・・
そんな事言っても実際は、やっぱり汚い部分もあると思うし。
競ってでも見つけ出したいくらいすばらしい理であるのだから。

私を突き動かすものは

新しい事は、私が一番に知りたい。
いつでも一番がいい!!


だと、思う。
だから、ぶっちゃけ物理にこだわりはない(笑)
まあ、一番クリアーだし、すっきりしていて面白い。
宇宙にも工学にも近い学問だから、気に入ってやってはいるけど。
一番に知れるなら、一番に作り上げられるのなら、分野を問わず。
必要な勉強も身につけながら、やっていきたい。

そう考えると確かにミーハーかもね(^o^;
コメント0
トラックバック0

ギャプラン

2005.03.04 I Love GUNDAM!
実は、実は…
MPに卒業お祝いにかっこいいプラモを買ってもらったのですよぉ~≧▽≦
ハイグレードなのです☆
超嬉しい!!
色々、憎い細工?が仕掛けてあって…感動モノでした。

で、ドクターの試験も終わった事なのでちょっとずつ作っているのです。
ギャプランはモノEYEなんだけど、それをシールじゃなくてプラスティックのモノEYEをパーツに貼り付けられるように別売りのパーツまで用意してもらったのです。
それで、そのモノEYEを切り取った瞬間…
どこかへ弾け飛んだ…
そのモノEYEパーツ、とても小さくて見つからないし…
たまたまそのパーツは二つ分あったからもう一つの方を使ったんだけど、1つなくなっちゃった事がショック…;;;
ガックシ・・・_| ̄|
MPにも申し訳なくて、なんか言い出せない…

でもね、初めてだけど、それなりにモノEYEパーツを本体パーツに貼り付けられました。本体パーツの目の部分(モノEYEパーツを貼り付ける部分)を平らに削ったりして頑張ってみた(笑)
楽しみです☆
早く完成しないかなぁ~
コメント0
トラックバック0

論文

2005.03.03 ただの日記
15日まで修士論文の差し替えが可能なので書き直してます。

先生からドクターの試験前にダメ出しメールが来て…要するに論文全部書き直しです(苦笑)
まあ、大学に残るものだしドクターコースまで進む学生の修論が読めたものでないのは先生にも嬉しくないことなんでしょうな。

が…

直せと言われたところよりもAppendix(付録)に書いた現像の話のほうが気になってそっちばかり直したりして…(苦笑)
何をしているんでしょうかねぇ…私は。

本当にドクター取れるのか…心配になります(笑)

>>
コメント0
トラックバック0

スパイを撃退せよ!!

2005.03.02 web関連
なんか、怪しいネットに引っかかってしまいまして・・・
久しぶりにspywareの検索したら
Adversting.com
Avenue A. Inc.
ValueClick

などの新しいウェアが検出!!
ValueClickなどはバナー広告の会社らしい。
そのバナーをweb閲覧者がクリックすると広告主にお金が入るとか・・・

そういう広告をクリックしてしまったのかしら?
もしかして、それクリックするとその本人の情報(どんなページを見に行ってるとか・・・)を広告主に流されちゃうのかな??

なんかいまいち、spywareやadwareってよく分からないんだけど・・・(苦笑)

CnsMinっていうのもspywareとして認識されるんだけど、これはアドレスバーから検索できるJWordってソフトの一部がspywareのように認識されちゃうらしいよ。
気になれば、spyware削除ソフトを使わずにJWordそのものを削除するのがよいらしい。
興味がある人はここ↓をどうぞ。
http://www.jword.jp/help/help_faq_install_cnsmin.htm

DSOExploitってのもしょっちゅうひっかかってくるんだけど、これはWindows Updateをしていれば問題ないそうだ。
Windowsの昔のバグだとか??なんか、そんなような話があるようです(苦笑)
よく分からんが・・・
修正したければ↓のページがよさそうだった。
これも興味がある方はどうぞ。
http://www.geocities.jp/kiyoandkei/dso.htm

まだまだ、この世界も分からない事だらけだぁ~(T_T)
コメント0
トラックバック0

Doctorの心得?

2005.03.01 研究者のたまごの苦戦
いやはや。
しんどい週間が終わりましたよ。
今日がドクターコースの入学試験で無事、合格致しましたm(_ _)m

まあ、発表は…
先生には、「そんな事言わないでもいいぃ!!」とか「なんだか、すっきりせずにごちゃごちゃ言っておるなぁ…」という感じは少なからずあったそうだけど
今後に期待!
程度にはなっていたらしい(苦笑)
要するに、こいつは進学しても研究なんてやっていけないんじゃないか?というような印象は与えなかったという事でやんす(^^;

結構、しんどい質問もありました(苦笑)
っていうか、私がちゃんと理解していなかっただけなんだけどね。

「chamberのgapの間隔は、後ろに行くに従って大きくなっているように見えるけどそれはなぜですか?」

これには、「実験を始める当初は、前方で粒子同士の繋ぎをしっかりと行って繋ぎ間違いがないようにし、その繋がったtrack情報から角度を作って飛ばすつもりでいたので(繋ぎ間違いを最小限にするために)最初は間隔をあけずに、後ろの方は、エマルションが増えるとscatteringが大きくなるのでなるべくエマルションの量を減らし、かつ繋ぎ間違えを起こさないようにするため1cm程度のギャップになっています。」と答えたんだけど…
書いていても長い(苦笑)
おまけに実験当初は…なんて言わなくていいよね(苦笑)
まあ、この答えは間違ってはいなかったのでセーフ(^^;

もう一つ詰まった質問がこれ。

「それは、proton1つと鉛との反応においてQGPが出来ると思っているのか、InとPbとの反応だと思っているのですか?」

あわせて、「fragmentationは起きないの?」とか「その反応で見えるものはπだけなの?」という質問。
「multiplicity(多重度:衝突から放出される2次粒子の数)が1000近くあるのはおかしい(考えられない)んじゃない?」とまで言われた・・・・

これには、あまりうまく返答できなかったのよね・・・
あとから先生と話してみると言える事はたくさんあったんだけどね(苦笑)

In-Pb反応だけど中身はp-p衝突の重ね合わせである。
この一言が言いたかったのに強く押し出して言えなかったのが一番の欠点(涙)
今回のビームエネルギー(核子あたり158GeV)程度の陽子同士の衝突では2次粒子は10ほど出ます。
Inの中の核子がすべて衝突において反応したとすると[中心衝突]、そのp-p衝突(中性子と陽子は類似と考える)が(Inは質量数が115)110くらい集まるのだからmultiplicityが約1000あると考えるのは妥当です。
QGPが起きていれば多少の変動はあるだろうけど、1000が10000になったりはしない(ハズ(苦笑))
標的のすぐ後ろのエマルションを見てみるとfragmentらしき濃い飛跡が見られないことから反応傍観部(衝突に関係しない原子核破片)があったとしても鉛が薄い[300μm]ものでもfragmentは鉛中で止まって見えないと考えられます。

あぁ、これ言えなかったの悔いが残るな(苦笑)


ドクターの試験前日、先生には再びドクターコースの厳しさを諭されました。

自分のやっている事の意義が明確に持てなければ、自分は一体何しているんだろう?これでいいのだろうか?と迷いが出て、まっすぐに歩む事は出来ないそうです。
毎日、朝起きて大学に研究しに来るのが辛くなるって。
(えっ…ここ数ヶ月、それに近かったりする・・・(苦笑))
それも3年間はあっという間で、ドクターの試験を受けるためには投稿論文がacceptedされなければいけなくなったそうで…
投稿論文は当然英語で、考察に考察を重ねて書くから自分のD論(英語)とあわせて論文書くだけで1年かかる。
最初の1年で研究に目処が立たなければ、3年で取るのは難しいって・・・

今回の解析に2年かかっている(実際正式に始めたのは、今年の夏からだから半年ちょっとだけどさ)のにこれから1年で結果が出るのか??????(-_-;

確かに心配。

自分で物理研究の意義を見失いそう。

でも、やっぱり研究って好きなんです(^o^)/

厳しいのは分かっているさ。
英語出来なきゃ話にならないし・・・・
一人で照射に行ってこい!!が当たり前・・・
一人で海外・・・
無理・・・
でも、やれば何とかなるはずだし(苦笑)

ある時には楽天的な考えも必要なわけよね(苦笑)
「大丈夫!!なんとかなる!」

自分の可能性を信じて「大海原」に飛び込んで行っちゃう(頭が悪いだけかもしれないが・・・(絶句))のもある意味で才能というか、その人の力、能力なんじゃないか?って気がしてます。
「不安定に耐えられない」そういう人もいるらしいけど・・・
結局、安定してる人なんてこの世にはいないと思う。

いつしか、突然安定は不安定に変わるもので、それが長期の周期でやってくる方が怖いような気がする(苦笑)
だって!!
陽子だってニュートリノだっていつかは崩壊するんだよ!(笑)
(まあ、ニュートリノの方は色んな理論、立場があるのかもしれないけど(^^;)
自分を信じてくれる人、励ましてくれる人、支えてくれる人・・・それらがいれば日常の苦境はなんとか乗り切れるものです!!

私は、そう信じたい!ですヨ♪(笑)
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。