Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや

2004.12.30 研究者のたまごの苦戦
繋がらなくなってきた…
エネルギーが非常に高いから散乱されるはずもないのにplate16にしてmatchingがうまくいっている時に見えるはずのpeakすら出て来ない…
こういう時は、自分のprediction(予測座標)が間違っている可能性も。
って事で、いろいろ見直してはいるけど「なぜ?」ってのが分からないと途端に眠くなるんだよねぇ…(苦笑)
PCの前に座ると寝てばっかり・・・
しょうがない子ですこと(^^;
真面目に仕事をガンガンしよう!!とひとしきり遊んでから研究室に向かうんだけど、結局やりたくなくなって
「もう、帰る!」
月曜日に論文提出してから全く進展しておりません(涙)
自分が悪いからいいのだけれど…
そもそも、どうしてbeamをグリッドマークにしてるのに乾板同士が数十μmもずれるのかも疑問…
と思っていたけど…よく考えてみたら例えば1cm gapの場合。
1cm進む間にx方向に10μm動いてしまうのは、10μm/10000μm=0.001で…
つまりx方向に1mradでも傾いていれば、10μmなんぞ容易に動いてしまうし…
インジウムのbeamがそんなに平行beamだったのか、怪しいしな(苦笑)
まあ、そんなに悪い値でもないか…と勝手に納得(笑)
あぁ、それにしてもなぜ、繋がらないんでしょうか…

※ちなみにグリッドマークというのはscanをする時に乾板とscan stageの座標をあわせるのに使ったりする参照マークの事です。
乾板の設置した場所が少し検出器の中で左右上下にずれていても超高エネルギーのビームであれば電磁散乱が少ないために最下流の乾板に写っているビームをグリッドにしてscanが出来るのであまりズレを気にせずにデータを見る事が出来るわけです。


今日は、お昼をわざわざ津田沼へ。。。
最近よく、食べたいモノが決まっていると津田沼まで出てしまったりする。
研究進まない病に犯されてもいるし(^^;年末年始だから気も緩めているもので…
ユザワヤのガチャで、ガンダムMSをジャカジャカ出す(笑)
あと100円でガンダムSEEDの登場人物のミニミニフィギュアも買い捲る…
ガコンッ
「ネオだ…」
ガコンッ
「…また、ネオだ…プププッ」
もうすでに、2個連続していらないキャラが出てきて笑いがこみ上げる。
ガコンッ
「……ギャハハハハハハッッッッッ!!!またぁ~!!」

仮面の男が3つも4つも…
いらねぇ~!!(爆)
で、シン・アスカがお互いに出るまでMPとガチャやりまくり。
私が気に入っているMSガチャからセイバーガンダムをMPに当ててもらって満足≧▽≦
ガンダムSEEDデスティニーにはまってしまっているけど、アスランがかっこいい!!そして、セイバーガンダムもかっこいい!!

ちなみにMPがペイントツールで模写したアスラン
動きの鈍くなったボールのマウス(光学マウスじゃないやつ(苦笑))で描いたにしてはかなり良い出来だと思うのですが…(笑)
模写


これがMP見つかったらめちゃくちゃ怒られそうだけど(苦笑)私には感激できるほどうまく見えるので、載せちゃいました(笑)



「アスラン・ザラ!セイバー!発進するっ!!」

あぁ~、かっこええわぁ~
絶対将来、ガンダム作ってやる!!(爆)
でも、戦争が絶えない世の中に確実になるね…
今ですらその兆しがあるのに…
でも、MSかっこいいよなぁ…


スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

ひぇ~

2004.12.26 研究者のたまごの苦戦
一昨日、昨日と街は華やいでおりました。
クリスマス色、一色!!

私は、12月25日がイエス・キリストの誕生日なんて思ってもいないし、商業主義に少しでも抵抗するため??(苦笑)クリスマスはお祝いしないのですが、華やかムードが嫌いなわけでもないのでそんなに嫌じゃない時期ですな。

クリスマスはどっちかというと恋人達のアニバーサリー的なところがあるから音楽もいいし、あぁ、これで1年も終わるのねって感じがして嫌じゃない。
けど、新年は好きじゃない…
もう、この年でお年玉もめったに貰えないし(かと言って働いてるわけじゃないからあげないけど(^^;)ムードが嫌い…なんか。
年神様のお祭りもしないので「明けましておめでとう」もしませんが…
着物はいいけど、どうも雰囲気がなぁ…
お正月の音楽、というと…
まあ、日本の楽器もいいですけどね。

いや、しかし今年はそんなのんきな事が言っていられないのでござる。

M論、やばし…
先生には「これでchamber2だけでもいけそうです!!」と大見得を切ってみたものの…
やはり『ダメダメ院生』返上ならず?
だんだんと乾板間のギャップが大きくなるにつれて、といっても最大で1cmのギャップしかないのだけれど、これが曲者…(涙)
1cmギャップのところまで来て、ハタッ…と繋がりが悪くなった…
position resolution(位置分解能)が悪い…1σが1μm程度だったのが、5μmまで広がってきてるし、それも綺麗なpeakが立ってないから怪しいし…
論文も書かなきゃいけないのにぃ~!!
あぁ・・・やべぇ…

ちなみに…
1σが1μmという時は、大体1μmの誤差で本物の68%をpick up出来る。という事です。3σで99.98%くらいだったかなぁ?(^^;正確な数字を覚えていないので間違っているかも(苦笑)本物を落とさないために統計処理をする場合、3σ以上を取る。と思います。(つうか、物理やるのに「思います」とか憶測でモノを言っては本当はいけない(苦笑))
1σの値は、どのくらい良い分解能があるのかを見る目安として出します。


コメント0
トラックバック0

お久しぶり

2004.12.23 ただの日記
今日は学部時代の友達も一緒にケーキを食べました☆
おまけにチキンも!!(笑)
病み上がりじゃなければもっとガッツリ食べたんだけれど…(苦笑)
ちょっと今日はあまり食べないできちゃったよぅ。
でも、久しぶりに見る友達も元気そうでなにより。
同じ大学内にいても5階の級友にもあまり会っていなくて
「久しぶり~」
って感じだったし(^^;
いいのか、それで…
友達との繋がりが希薄だにゃ(=^..^=)
学部の頃は私と双子とうたわれていた?片割れちゃんにもココをお教えしたのですが見に来てくれるかなぁ?
なんか、どこかで繋がってはいたいものですな。

そして、その後で私と同じく風邪を引き私よかちょっぴし重症だったMPの様子も気になって見に行ってみたりして。
前にMPが具合悪くなった時は、ちょっとばかし看病らしき事をしてあげられたんだけど今回は、私もDOWN…
私は親と一緒に住んでるから平気だけど、やっぱり一人暮らしで病気になると心細いし、誰も助けてくれないときついよね…
そのきつさや辛さはまだ、体験した事がない「箱入り」です(爆
コメント0
トラックバック0

なるへそ

2004.12.22 TeXの使い方
つい1ヶ月前風邪をひきまして…まだ、それが残っていたみたい…
再び発熱です。最高38.3℃まで上がりました…今は計ってないけど、起きてこれを書いていられるくらいだし、数時間続けて眠れるようになったから(熱ある時は、1時間寝ると目が覚めちゃって良く寝れない…)熱もだいぶ下がり、元気になりつつあります☆(^^;

言い訳するわけじゃないけど、最近起きられないし体重いし(もともとおデブちゃんだけどさ…)なんか変だなと思ったんだ(^^;少なくとも起きなきゃいけない時に起きないなんて事がほとんどなかったのに、最近頻発してて自分でも「どうしたのかな?私…」って思っていたくらいだから。
ちゃんと自分の体と対話をしないとダメですね~(^^;
ひどくなる前に処置をしておけばもっと、色々いっぱい出来るのにぃ~!


そして、私、こう見えてもM2なので(苦笑)M論を書かなきゃいけなくて体調悪い中(笑)論文を書こうとしていたわけですよ。

そしたら、どうも「参考文献」は目次に載るんだけどページが前の「謝辞」とダブっちゃってうまい事いかない…
なんでぇ~(涙)とwebで検索しまくるもむなしく、また具合が悪くなってきたためふとんへ…
3時間くらい寝た後でふと思いついた!!
ある人のBLOGにM論のテンプレって載っていたなと思って見に行ってみました。
で、そのテンプレには参考文献は、
¥begin{thebibliography}{99}
¥end{thebibliography}で挟んで書くんだけど、章番号がつけないけど目次には載せるおまじない
¥addcontentsline{toc}{chapter}{¥numberline{}参考文献}
を、その挟んだ中に書くとありました。
私は、それを¥begin¥endの前に書いていたんだけど…
これをしたらちゃんと目次のページもダブらずに表示されちゃった!!

本当にこのせいなのか分からないけど(^^;
とりあえず解決できたのでいいのじゃぁ!!(笑)

さあて、じゃあ論文本体に入りますかってとこで疲れたからまた休もうかな~(じゃあ、日記なんか書いてんなよっ!!ってお怒りの声が聞こえてきそうですが(苦笑))
コメント0
トラックバック0

あぁ・・・

2004.12.20 ただの日記
どうしてなの…
ってか、早く寝ないから当たり前なんだけどさ。

昨日、o先生に
「おまえ、授業出てこないし…」
って文句言われて、
まずいかなぁ…単位取ってはいないとはいえ、自分の研究室の先生の授業だし…
私、まったくお勉強が出来ないのにQCDとか分かってないと自分の研究に差し支えちゃうしなぁ…

って心を入れ替えようとしたのに、起きたら12:30…
授業終わってずいぶん、時間も経っておりますねぇ…
起きたのもMPからの電話を、目覚ましだと思って3回くらい切ってやっと
?
なんか目覚ましにしている音楽が違うからよく見たら電話…
つまりは、電話かけられなかったらたぶん、今でも寝てたかも…
今日は、マルチメディアのTAもあったから寝つづけていたらやばかった…

起こしてくれてありがとうm(_ _)m
トホホ…

おまけに、風邪をまたもや引いた…
喉に針が刺さった痛さ…
あぁ…
M論書けない(涙)

コメント0
トラックバック0

ガビーン

2004.12.19 研究者のたまごの苦戦
もしかしたら、もしかしちゃったかも…

出来ない。
繋がらない。
と思っていたのは、自分のprogramのバグであったかも…

そもそも最初は、ちまちまと色んなprogramを数回に渡って実行…などとやっていたんだけど(その時は、確実にあっていた(苦笑))ちゃんとpassを通してリンク張っちゃおう!!と心機一転作り直して、newとして使っていたのよ。
そのprogramの中のたった一つの式。
でも、そこが重要だった…
そこが、間違えていたおかげで、そんな飛跡のないところを一生懸命見て「ない、ない」っていっていた可能性が…怜

どういう事をしているかというと…

例えば、plate4とplate5の間の繋ぎを考えるとします。
interaction pointの座標と実際のplate4の飛跡との距離を(x方向をdpx、y方向をdpyとおく)求めます。
その飛跡が次のplate(plate5)でどこにいるかを予想するんだけど、それはビーム方向に進んだ割合Rと同程度、x方向y方向に広がっていくと考えられます。
それで、dpx、dpyをそれぞれR倍してinteraction pointの座標にその値を足してやるとplate5上での位置が予測できるわけです。
で、私がどこを間違えたか、というと…
plate4で、interaction pointの座標との差を取っているわけだから、その差をR倍したものをinteraction pointの座標に加えてやらなければならないのに、plate4の座標に加えていたのですよ…
そうすると、plate5のprediction(予測座標)と言いつつ、それじゃ進みすぎちゃってるわけで…

これを改善したら、ちょっとずつ繋がってきている感じが(^^;
ただいま、scanしなおし中でございます…
どうなることやら~

あぁ、でも、これで春の学会に出れなくなったんだとしたら結構ショックかも…
でも、M論のネタはちょっとは出来るだろうし…秋、仕方ないさ。
ハワイまで行って学会発表してくるよぉ~(涙)
なんで、来年に限って原子核物理だけアメリカと合同なんだよぉ…

コメント0
トラックバック0

ふーー

2004.12.16 ただの日記
今日もなんとか研究室会議終了・・・
一時は「今日はなし」なんて話もあってちょっとウキウキしたんだけど(苦笑)ダメでした(^^;

先日、scanning systemの電気を取っている所がブレーカー落ちて困るって話をしたんですが…なんと、それは火事寸前だったらしい!!
うちの研究室の電源は床からjump up式なんだけど2,30年前のお品で古い構造らしい(笑)
それで、頻繁にその電源を出したり入れたりすると配線がいたんできて触れてはならないもの同士が触れちゃうみたい。今回は、1箇所そういう風になっていた電源があってずっと火花を散らしていたらしい。
中をあけてみたら真鍮でできた電源のソケット?が黒焦げ…
電線はビニールの外側を残して後は溶けてなくなっていた…
あぶない、あぶない…
研究室が火事になるところでした(^^;
これで、ひとまず安心です。

火花で溶けた線
ショート2


溶けてこげた真鍮
ショート1


分からないかなぁ…(^^;

最近、MPに毒されて…下ネタでも平気で笑ったり、話すようになってしまった…
あぁ、乙女の恥じらいがぁ…(苦笑)
困りましたなぁ(^^;

>>
コメント0
トラックバック0

グデグデ

2004.12.15 研究者のたまごの苦戦
昨日は、現像…
といっても、私はただ待つだけ(^^;
だけど、自分が参加してる実験なのにさっさと帰るのはねぇ…ってのと、まだ始めたばかりの超若人な学生たちばかりだったから一応、の私が見ていた方がいいかしら?ってな感じで。
嫌味の一つや二つをぶちまけて、後輩たちは着々と液作り。
手伝える事は私も少し手を出して…でも、現像室が狭いもので…かえって邪魔にもなっていたかも(苦笑)
思い込みがあだになって、実は前回現像液の濃度が濃かったのかも…
現像液は、FUJIのX-ray写真フィルムの自現機(自動現像機)用現像液を使っているんだけど、これは濃縮液みたいなので水で薄める。
乾板の現像には、3倍希釈にしていたんだけどX-rayの現像ではもう少し濃い現像液じゃないとだめなのかも。
一般的に3倍希釈なんだと思っていて4L用と書いてある小さい箱入りの物を使っていたから、その濃縮現像液は1Lで、あとは水を3Lとして前回は作っていた。
だけど、今回まあ、いろいろあってその箱に入っている現像液の量を測ってみたら1L以上入っている…
確かに、箱には4L用とは書いてあるけど、現像液が何L入っているかの記載はない…
えぇ!!!!!!!!!!!!!そんな事ってあるぅ??
って、かなり悲しいオチ…でも、今回分かって良かった☆
fogもそんなにないし、grain densityも良さそうだ(私は具体的に数字を聞いていないけど(^^;同級生が聞いてて「いいねぇ」って言っていたから信頼)って事で本現像。
終わったのが2時過ぎくらいで、MPが作ったバニラマンゴーのアイスをみんなで食べて終了~
くたびれて、今日起きたのが14時…

ダメだ…生活習慣ガタガタ…

実は昨日も
「最近、毎日来るの遅くない?」
って研究室入ってきてまっすぐ私のところに来た先生の第一声。朝から、学校来る事の意義がまったく分からなくなってしまって起きれても「いいや…」と再び寝て夕方来て、12時前に帰っちゃう。という研究してない毎日…
いかんがな…
研究に向いてないんだなぁ…
でも、走り始めちゃったもん。
やめられないよぉ。
コメント0
トラックバック0

しあわせ

2004.12.14 ただの日記
「ベテランはそんな事しないんだよ!!」

しょうがねぇじゃん。ベテランなりそこないだもんよぉ…
何をしたのかって、scanを長時間していれば乾板はstageに真空でひきつけておいてもグニャリンって動いちゃうのよ。
ゼラチンだから基本的に(実は)ブニブニだしね。
前はscan時間が長くなるときは時間補正のprediction(予測座標)も入れて、そのpredictionで拾ってきたtrackを使ってある一定の時間経った後でどれくらい最初から乾板が動いちゃったかを見ていたの。
同じ場所をscanできるような設定にしておいて、その時pick upされた飛跡がどこに動いちゃってるか、で全体の乾板の動きを平均化して補正するんだけど。
その補正をするだけで、1日とか2日とかかかるような膨大な量でさぁ…
面倒くさいし、時間かかるし、それしなきゃ全く見れないわけじゃないし、とりあえずscanしてみてあまりにも悪かったらやり直そうと思っていたら、
あまりにも悪かったってだけなんです(苦笑)
だけど、次のscanも待っていてしばらくscan止め…
全然、仕事になってないじゃ~ん!!
もういい…

だってうれしい事が二つ。

昨日の夜、ちょびっと凹みながら家へと帰っていたらMy Partner(彼、略してMP)が走って追いかけてきてくれて、家まで送ってくれた。
「どうせ、お茶買うし…」って。
外はすごく寒いし、送らなくていいよって言ってるのに。
でも、幸せ

それから今日。
MPからプレゼント!昨日、ご飯を食べに出た時に見つけた古着屋さんにあったマフラー
オレンジでハートの大きな柄がはいった編み物のなが~いやつ。
長いマフラーがほしくていいなぁ…って思ってた。
MPがやたらに「あれ、欲しいの?」ってその日に限って聞いてくるから???とは思っていたけど、まさか今日プレゼントしてくれるなんて!!
すごく、しあわせ♥ ♥

コメント0
トラックバック0

BLACK OUT

2004.12.14 ただの日記
分かってるよ。
私がダメダメな事くらい。

単位取ってないからってなめてかかってるよ。
散乱の式も書けないし、解けない。
解析だってままならないよ。
次をどうするか、なんて考えながらやってないよ。
同級生とも意志の疎通は図れてないし、
後輩ともうまく出来ないよ。
全然、朝起きれないよ。
デブだよ。
さらに太ったよ。
歩くののろいよ。
食い意地張ってるよ。
大うそつきだよ。
意地悪だし、裏切り者だよ。
優しくないよ。
怖いよ。
勉強もしてないし、家事は何にもしないし、
いつも怒ってるよ。
数学が出来ないよ。
ごう慢だよ。
態度はふてぶてしいし、反抗的だし、
肝心な時の発表ではもごもご言ってて何言ってるかわかんないよ。
いつも遊んでばかりだよ。
価値ないし、意味ないよ。
はったりばっかりだし、いい子ぶりっ子だよ。
頑張ってないよ。
間違ってるよ。

みんなが正しい…
そんな事分かってるよ。
自分の事だもん、誰より知ってるよ。

私のしてる事、してきた事ってそれだけ?…


学部生で卒業研究でまったく結果も出ず…暗闇にいるような気持ちだった時。
帰りの駅のホームで、自分の血まみれでバラバラになった死体を嫌な顔をして片付ける駅員と大泣きしている母親の顔が見えて足を一歩引いた時。
その時に近い。
むしろ、その頃より出来る限りの力を出し切ってない分、悪い。

なんでやらないの?
何してるの?
何考えてるの?
なんで?
何で?
何で?なんで?なんで?
ナンデ?

「君ならできる」そんな言葉いらない。
「できるでしょ?」

苦しいのが見て分からないの?
私はどこにいるの?
悲しいけど泣いていいのか分からない。
だって自分が悪いから。

コメント0
トラックバック0

GeT!!

2004.12.13 ただの日記
買ってしまいました。ポータブルHD
40GBです。バッファローです。1ヶ月間のうちに故障したら不良交換してくれる保証を1000円で付けて送料(これが結構高いからお店購入の方が得なんだけどね)含めて(無償修理は10ヶ月)約16000円。
PCアクセスってとこでweb購入。お店に行くのは面倒だし、行ったら行ったで色々見ちゃって時間かかっちゃうし(^^;
それで、いっつも研究の時間がなくなる…(苦笑)

今日は、またもや大寝坊って自分で太字にしてて悲しくなるが…(苦笑)
10:40からの授業のはずが起きたら12:15…
「寝る子は育つ(^ ^)」ってもう育たねぇよ!!まずいなぁ・・・
なんでこんなに起きられなくなったんでしょ・・・
って寝るのが遅いからなんだけどさ。
このダラダラ生活もいい加減にしないとね。
M論が書けないもん。

研究の方も進展なし。
ただデータが取れたからこれから比較をするところ。
論文書くために、実はQGPの事よく知らないのでCERNで去年までに研究されてきた事がまとめられた論文を読んでいるところ。
ハドロンの液体(スープ)からgassへの相転移は重心衝突エネルギー√sが2GeVくらいから見えるらしい。
でも、QCD(量子色力学)の計算によると60AGeV(Aは質量数)以上で非閉じ込め相へと転移していくらしいので、どんなに頑張っても今の私の解析しているPAINTの乾板からはQGPは見えぬと…いう気がする…
論文読解が間違っていなければ(^^;
でも、いきなりQGPが見えるとは思っていないし、もし出来てても大した解析経験もないのに出来る訳がないので訓練ですな。
非閉じ込め相への相転移が見れなくてもハドロンの液体から気体への相転移の証拠だけでも見えるはずなので(PAINTは√sが17GeVくらい(らしい。自分で計算もしたことのない愚か者です…でも、先生の計算だから多分あっている。))それを見れればいいなって。
A+A衝突とp+p衝突ではハドロンの多重度のエネルギー依存性が大変異なっていて、πとs(strengeness)の生成量にもかなりの変化があるらしい。
その論文は、だいぶ前の日記にリンクが張ってあるので興味のある方は読んでみてはいかがでしょう?ってそんな物好きあんまりいないよね(苦笑)
コメント0
トラックバック0

熱エネルギー

2004.12.11 研究者のたまごの苦戦
わーい!!今週は1日も欠かさず日記書けたぞぉ!!って喜べた話ではありませぬ(苦笑)
正直、毎日日記が書けるって私にしたらかなり暇な証拠なんだな…
本当に忙しく仕事してる時は、長い日記書いてる暇なんてないし、疲れて眠くて家に帰ってから更新なんてできないし…
なんで、暇(自分で言ってて悲しくなるな(苦笑))かというと、そうよ!!scanが終わってないから比較するデータが取れないって事。
そういう事にしておきましょう(苦笑)
だけど、そのscanも確実に明日には終わるからなぁ~
早く結果出さなきゃ。
少しでも進めて、
「大丈夫です。私が責任もって新しい実験も今までの実験も引き受けますから。だって、この問題も解決できたんですから。」
って言いたいんだよね。
辛い。けど、やっぱり楽しいんだよ。
楽しいと思えなきゃ続けていかれないし…

最近、よく思うんだ。
「就職したくないからってモラトリアムで進学しない方がいいな」って。
自分の人生なんだからいいじゃん。って思う人もいるだろうけど、本当に研究しようとして進学している人たちがどれだけ迷惑を被るか…
特に弱小大学の研究室においては…(苦笑)
モラトリアムにするには格好の場所かもしれないけど、そういう人たちは
「別にそんなにやりたい事でもないんだ」って気持ちが必ずあってそういうのってなぜか人に伝播するよね。
本当に研究室の人間が研究に全身全霊を尽くしている人しかいなかったら、どんなに小さな研究室でも活気があると思う。
「熱」って本当に大きな影響を与えると思う。
温度の低い人が一人でも多いとそっちに引きづられる。
温度を高く保つにはその人にもかなりエネルギーが必要とされるし、楽じゃないもんね。グラフの形で言ったら上に凸みたい。
逆に温度の低い状態は下に凸。
よっぽどエネルギーが加えられないと上がれない。
自然現象として温度はほっとけば下がる方へ向かうからね…
研究にはなるべく上に凸型の人があってる。
上に凸型が10人の中に下に凸型が1人入ってきても「高温」は保たれるけど、上に凸型が10人に下に凸型が5人いると、温度は下がる…
そういう感じがしてる。
頑張りたいと思っている人まで引きづり下ろす。
熱エネルギーは恐ろしい(笑)
だけど、人と人は影響を及ぼしあいながら生きていかなきゃいけないし…
温度の低い人とはかかわりません。なんて出来ないし。
「温度が低い」っていうのも自分の先が見えない不安によるもので、その人その物の温度が低いわけじゃないかもしれないし。
一概に、判断はできないけどね。


今日も、scanning roomのブレーカーが落ちた…
scanning systemが壊れるからバチンッって落ちないで欲しいんだけど、なんで落ちちゃうのか不明…
たこ足してるわけでもないのに…
無停電電源装置が欲しい…
先生にお願いしてみようかなぁ♪

コメント0
トラックバック0

難あり。。。

2004.12.09 研究者のたまごの苦戦
こともあろうか、今日の研究室会議…
人に起こしてもらうことを当てにしていたのがいけないんだけど寝坊…
9時半からなのに起きたのが10時10分…
1時間近く遅刻…
先生にも
「ちゃんと早く来てね」
と念押された(-_-;
すみませ~ん!!
普段ならもっと嫌味を言われそうだけど、あんまり言って逃げられては困るとお思いなのか、「軽い注意」(笑)
まあ、もう一人の先生は研究室会議の遅刻、早退?(不在)なんてしょっちゅうだから、学生に強く言えない部分もあるのかもしれないし。
プラス精神的な弱さもあって研究室に来れなくなってしまった学生達もいて、当然の事ながらそういう子たちは会議には参加できないから会議への出席者数が減り気味で…遅刻しても頭数がいてくれるだけマシ扱い(苦笑)

何が原因でみんな研究室が嫌になっていっちゃうんだろうなぁ…

もしかして私?
よく、「おまえが威圧的だからだ。」って言われるんだよね。そんなつもりはまったくないんだけど…
だけど、人それぞれ色んな弱さを持っているわけだし
「弱い奴が悪いんだ」
なんてとっても言えないなぁ…
誰かが何かの形でそういう所をカバー出来たらいいんだけどね。
最近、チームワークについてまた少し考えていたんだけど、同じ目的を持っていても温度の違いも色んな意味での力の違いもあるから目的だけが一致していてもやっぱりいいチームワークにはならないんじゃないかって気がしてます。

http://blog.livedoor.jp/shibacchori/archives/10372240.html

誰もがガンガン出来るわけじゃないけど、その中でも人の役割って色々あると思うんだ。
今、この先について本当に不安です。
研究室がこのままじゃ崩壊しちゃうんじゃないかって…
やっぱり実験には人が必要なんだよねぇ(^^;
どんどん、みんながやめていっちゃう今、この時に直面してみて、そんな心配もなく手伝ってくれると思える「当て」があった去年は研究室として幸せだったのだな。と実感してます。(来年になったって全くないわけじゃないんだけどね(苦笑)数の問題ですかな?)
自分の研究がうまくいっていないのに加えて、研究室の人手が足りないとなると心配も倍増(苦笑)
新しい実験出来ないと楽しくないしなぁ(笑)

本当に去年が戻ってきて欲しい…
それを思うと涙がこぼれます。

それから、まさか自分がそんなに細部まで気配りの行く人間だとは思っていないし、出来なくても仕方なかったのかもしれないけど、でも今は一緒に研究室で仕事が出来ない仲間にもっと私なりに働きかけたり、支えたり、励ましたり…そんなんじゃなくても笑わせたり(^O^)(笑いは生活の中で大事☆)とか出来たんじゃないかと思うと悪かったな。と思ってなりません。

やっぱり謙遜じゃなかったんだよね…
ごう慢は人を苦しめる特質です。
自分も他人も…

今日は、また乾板の画像を撮ったので載せてみました。
デジカメないからココに載せるっていったら乾板の画像くらいしかないんだよね(苦笑)
下の方に二本線引いてあるその間隔が10μm。
小数点の後に6桁つくのがμっていう単位です。
加工していたパソコンでは暗さが丁度良かったんだけど、見る人によっては真っ黒に見えちゃって良く分からないかもしれないけど…
画面の左寄りとかに真っ黒の結構大きいしみのようなものが、インジウムの飛跡(おそらく2つ分(^^;)画面に対して垂直に入ってます。
なんで、こんなに飛跡が太いようにみえるの?って言われるとまた、それはお話しなければならない事が増えるので、リクエストがあれば書きます(笑)
このインジウムが検出器(chamber)の前方にある鉛のtargetに当たった事象を探してそれを解析するんです。
かすかに見える黒い飛跡以外に白い点があるんだけど、それは自動飛跡読取装置(UTS)が読み出してきた飛跡の情報をplot(表示)したもの。
あまりに濃い飛跡は読み飛ばすような設定でscanしているので衝突から出て来た2次粒子とコンプトン電子と言われるものくらいが検出されてます。
あと、飛跡同士が密集していても分離できないので、全部の飛跡を取りきれないんだよね。
そういうのはもっと下流に行って飛跡同士がまばらに広がったところから再構成していきます。
丁寧に解析する時は、人間が自分の目を使ってscanをする時もあります。
画像の真ん中あたりに丁度、衝突(interaction)があって飛跡が密集しているので取り切れていない部分があるんだけど、分かるかなぁ?(苦笑)
暗いし、普通乾板見たことない人が見たらわかんないよね…(苦笑)

これは、撮影失敗か…
おまけに、加工にも失敗だなぁ(苦笑)



                 インジウムと生成2次粒子の飛跡
anint.jpg
んで、見にくいかと思ってもうちょっとよさげに出来た画像に差し替えてみた(苦笑)これなら、ちょっと分かりやすい(ハズ…)
コメント0
トラックバック0

眠い

2004.12.08 ただの日記
なんでいっつも、こんなに眠いんだろうなぁ・・・(_ _)ZZZこれもやる気のなさの現われかしらん??

今日、現像するのかなぁ?もう、液もできているし現像するだけ…
あれ?ラック現像するなら5L分液を作らなきゃいけないんだよねぇ…
面倒な事になりそうな予感。

今、ほしい物が二つ。
ポータブルHDとデジカメ☆

HDは、色んなファイルを家でも学校でも使えるようになりたいので。
論文とかを書こうと思うと入れ込むepsなんかも全部ないといけないけどフロッピーじゃらちがあかない…
この前は研究室会議の時にエラーを起こして(フロッピーが100円ショップで買ったものだったからかなぁ?(苦笑))肝心な時に見ることができなかった…
先生から
「いまどき、フロッピーなんか使うなよ~」
と言われてしまいました(苦笑)

デジカメはここ(日記)に色んな場面の写真を載せたいから。
研究室内の事なら友達からデジカメ借りればいいはなしだけど…
でも、いちいち「貸してぇ~」ってするのは面倒だし。

しかし、最近外食代にえらいお金を使っていて奨学金が底をつきそう…
ドクター行く時のお金、払えるかなぁ??
それさえ、すっきりすれば、HDとデジカメ買っちゃうんだけどね~(笑)

だれか、プレゼントしてぇ~っつっても物がちょっと高額でなぁ…
もらうとかえって気が引けるし(って、もう貰う気?(苦笑))
本当にお金が落ちてくれてればと思う日々です(^^;

>>
コメント0
トラックバック0

信条

2004.12.08 ただの日記
いつになく、結構重い話
こういう事をここに書くかどうか考えたけどまあ、結局のところ個人の日記だし…毛嫌いする人もいるかもしれないけど、それはそれで…

周りの人にもあまりおおっぴらには言ってないけど、私は聖書を読んで研究していたりする。週3回勉強会にも出席している。
今日、学んだところで自分のためになったなぁ…と久しぶりに思ったところがあった。

責任を委ねて、耳を傾ける事 = 謙遜

だという事。やれば自分でできる事でも自分より力が劣る者の意見にも辛抱強く耳を傾ける。そして、責任をゆだねる。それは、自分が謙遜でなければできない事なのだ。
聖書の中にその模範が書かれていた。

「自分でやった方が早い」とか何だとか言って全部自分でやろうとしたり、どうせ分かってっこないから…と半分バカにして話を聞かない、意見を聞かない…謙遜ではなかったのだなぁ。
うまく行くはずもない(^^;

私の先生にも言われた事だけど、日本人は科学者が神の存在を信じるという事が理解できないらしい。
「なんで、(信じていて)平気なの?」と不思議そうな顔で聞かれた。
逆になんで、ダメなの?と聞きたいくらいなんだけど。

どこかで聞いたことがあるんだけど人間は自分の力を多めに見積もる者だそうだ。私はそれを聞いた時、納得してしまった。
自分でも「できるな、これくらい。」と思って出来なかった事は日常茶飯事だし、他人を見ていても「お前さんには出来ないだろ、そんな事…」っていう奴が偉そうな顔していたりする(苦笑)
母親も職場の上司から
「こいつは自分よりかなり出来ると思ったら、その人は自分より何倍も本当に出来る人。
こいつは自分より少しは出来るようだと思ったら、その人は自分よりかなり出来る人。
こいつは自分と同じくらいだなと思ったら、その人は自分より出来る人。
こいつは自分より出来ない奴と思ったら、その人は自分と同程度の人。」

と教えられたそうだ。恐らく、経験を積んできた「大人」は人間関係を振り返ってみてそう感じるのでしょう。

↑の方の話とあわせるとそれは、人間同士だけに限られた事ではないのだ。と思うのです。
信仰とか崇拝の対象を人間よりちょっと優れたもののように捕らえているのではないか?と。自分達人間がすごいモノのように感じているからちょっと位優れたものなんて別にいらないじゃんってな感じで。
本当は「優れている」の次元が違っていて人間には想像もつかないほど上の方なんだけど。
「知識は人をごう慢にならせる」という節があります。
ごう慢の反対が謙遜なんだけど。
本当の意味で謙遜にならない限り神の存在が受け入れられない人はいくら話をしても理解できないと思うので私はあまりこの関係の話をしてないのです。知識は、自分達にんげんが作り出したモノではなく、「そう創られていた」物を見て理解した形だと思ってはいても、やはり多くを学んでくると知らない人や物分りの悪い人を「バカ」扱いしてしまって…

結局は自分もバカなんだけどね(苦笑)
コメント0
トラックバック0

やる気なし子

2004.12.07 ただの日記
朝、目がさめた。
時計を見る。
8時…
また、寝る。

フッと気が付いた。
時計を見る。
9時…
また、寝る。

目が覚める。
時計を見る。
10時…
また、寝る。

気が付く。
時計を見る。
11時…
また、寝る。

目が覚める。
時計を見る。
14時…


あ、あれ?さすがにやばいかな…
起き上がって登校…

思いっきりやる気のなさを露呈しております。

うまくいきそうにないのに、やらなきゃ…
楽しくなくなってきちゃった…
やめたいって言わないようにしてたけど…やっぱりこんなんだったらやめたいです(涙)
コメント0
トラックバック0

理論

2004.12.06 ただの日記
今日は、久しぶりに授業にでました(^^;
めずらしく、朝に起きたもので、ってか「起こして」と頼まれていたから緊張して起きた。という感じ。

私は実験屋さんだけど、理論も分かっていなきゃいけないと思うのです。

研究は「理論的」である事が重要だと思うし…

(まあ、一概には言い切れなくて正しいと思われている「理論」そのものが間違っている場合もあるから理論を気にしないでえぇ~い!!やぁ!!の部分も必要なんだけどね)

散乱振幅の項が…
γμだとかγνだとか…pスラッシュ…とか
プロパゲーター(英語で書けよって感じだけどスペル間違えていると恥ずかしいから(苦笑))だ何だとか…

私には、さっぱり何のことだか…
外国語やお経を超えて意味不明であるぞね…
でも、勉強しなきゃなぁ~って気にはすごくさせられたけど。

今日は、後輩が先生に指名されて授業してたんだけど、式の変形さえままならない自分が情けなくなったよ(苦笑)
人には得意・不得意があるから別に完璧に出来ることなんて望んではいないけど話についていかれないのは悲しいし、授業出ただけでmotivation下がるし(笑)
今日は、すでに昨日からあまりやる気がないから変わらないけど…

先生が
「どうなった?どこまで進んだ?」とせっつきに来た。
で、思わずムッとする。
scanに1,2日かかるって言ってるだろうが…
でもね、自分も人の話聞いていて全部覚えてられないしね。同じ事を2,3回聞きなおされたからって怒れる理由もないんだけど。

それでも、修論書くためには何とかして、もっと解析進めないといけないし、これじゃドクターも進めない。
やるしかならぬのだ。

ちなみに、私が4年生の頃から使っていたscanning system(光学顕微鏡の自動装置)の一台にレンズにごみがついていると思われるようなデータの吐き出し方をしててレンズの掃除をしたんだけど、直らず…
どうやら、レンズの「傷」らしい…
もう、生産中止になっているようなレンズと聞いたのだけれど…まあ、傷物でも丁寧に使ってあげればまだまだいけるさ!!(笑)
>>
コメント0
トラックバック0

(-_-;)

2004.12.05 研究者のたまごの苦戦
甘くない。そんな事は分かっていたけどさ…

「10月、11月と2ヶ月間何してたの?」

そう言われてもね…研究「らしき」事をしていましたよ。でも、闇雲にやっても仕方ないかと色々考えているうちに時間はドンドン経ってしまって…

「もっとstageを止まっている時がないくらいに使わなきゃダメだよ。名古屋はそんなんじゃない。scanが止まっているなと思ったらすぐに自分のscan始めるくらいの取り合いじゃなきゃ、解析も進まないでしょ。動いているのを止める必要はないけど…待ってちゃダメ。僕が、土曜や日曜に来てstageが止まってる事いっぱいあったよ」

はい…いたらなくてすみません…
こうしたらいいかなって思った事はあったし出来れば、UTSを使って全部scanしたかったんだけど乾板がstageに乗っかってるし、出来ないなぁ…って消極的でした。
言われてみれば、なんでそれをしなかったんだろう…って事はたくさんあるけど、それが現在の時点で気が付かなくて過去になって初めて気が付く。

「ドクター行くならそれくらい、パッパッと切り替えないと」

先生の「何やってんだよ、このグズ」節が一番堪える…泣きたいけど、泣いてどうかなるわけでもなし。
進学すると意志を表示したのだからそれくらいの責任は負わねばならぬ。
本当に研究が好きなら、そんな事ではめげてやめたりしない。
か弱い事言っていたら、いい結果なんて出てこない。
自分にそう言い聞かせて。
「やめたい」と言いそうなのをグッと堪える。

人は口に出して言った事を現実にしようと無意識のうちに努力しているそうだ。
嘘をつくのは、精神的にストレスがかかるらしい。
だから、脳は言葉に出した事を忠実に実行しようとするらしい。
自分の言う事が行動へと結びついていく。

だから、結果は出る。私になら出来る。
そう、言い続けていれば必ず出来る。もしくは、それにかなり近い事が実現できる。

ダメとか、出来ないとか言った時点でその人は負け

大丈夫。出来るよ。
踏み出した足を引っ込めるなんて私らしくない。

涙なんて見せないでやっていかなきゃ。
頑張れ!
「やめたい」なんて言うな、バカ!
やると決めた事は、やり通せ。
昔の情熱を取り戻せ。
研究は楽しい☆
胸を張ってそう言いなさい。
他のことに目もくれず、研究に没頭してる自分が一番好き♪

ほら。段々、やる気わいてきた!
頑張れる。
>>
コメント0
トラックバック0

学会

2004.12.04 研究者のたまごの苦戦
なんか、むかつく事も悲しい事もたくさんあったんだけど、最近すぐに忘却するようになっているのか…
書こうとすると書けないんだよね…
明日が学会の申し込みの締め切り。秋の学会から2ヶ月ちょっと経っているいるんだけどまったく研究が進んでいない。何でかって言えば、下流に繋いでいくためのいいデータがなかなか取れないから。
scanning systemがうまく使えてないってとこでしょうな…

先生:「ドクター行くのやめる人が学会に出て、ドクター進学する人が行かないんじゃねぇ。
2ヶ月間、何してたの?
ニュートリノの講演会なんて聞きに行ってる場合じゃなかったでしょ?
ドクター行く人がマスター論文の発表を学会でしないなんて事、普通ないしね。
ドクター行くのに残るんだったらP152実験もKさんが作っているscanning systemも引き継いでもらわなきゃいけないし、それに今のPAINTの仕事と新しいprojectと…君にそれだけの仕事ができるかね?」


えぇ、できませんとも…(-_-;
ちなみにP152実験は放射線医学総合研究所と共同研究で核破砕反応の素過程を調べて、放射線治療による人体への影響をさらに細かく見ようというもの。
標的(target)が水なので高エネルギーの炭素ビームとかが人間の身体に打ち込まれたときどんなエネルギーのどんな粒子がどういう方向に飛び出していくのかを正確に予測するのに役立てるためのデータ収集実験といったところでしょう。
kさんが開発しているscanning systemは、今うちの研究室で稼動している自動飛跡読取装置(Ultra Track Selecter,通称UTS)が苦手な大角度に放出された粒子の飛跡でも追尾が可能なsystem。
これは、結構重要
私も自分の実験で使いたいから(^ ^)
そして、このQGPを探ろう!という私の実験がPAINTという名前です。

「o先生にも『何?修論の発表も学会で出来ないような人を本気でとるんですか?断った方がいいんじゃないんですか?』って言われちゃうよ~ウヒョヒョヒョヒョ(`0´)」

あぁ、そうかい。じゃあ、進学やめましょうか?私は最初からあまり全時間の仕事をするつもりはなかったからやめようと思えばいつでも、すぐにやめられるんですけど。
仕事が進んでないのは分かってるし、進みがのろすぎるのも分かってるけど、言い方によっちゃあ、むかついてやめるっちゅーの!

だけど、先生は私の同級生が進学をやめる事をかなりガックリきているらしい…
「僕、もうガックリきちゃってね。いまいち、この新しい研究始めるのに引っ込み思案なんだけどさぁ~どう、思う?いけるかなぁ?」

体裁だけを考えて使い物にならないドクターになってしまおうが、自分の研究室を存続させるために学生に進学を勧めるってのが誉められた事じゃないのは、誰だってわかる事だけど。
でも、やっぱり自分の仕事場が閑散としていたり、結果もでない、外にも一切働きかけられない…そうなったら嫌だと思ってあの手この手を使おうとするのは、当然だよね。
なんでも、その人と同じ境遇になってみなきゃ分からない事ってあると思う。
理解できないんだよね。
やってみて、苦労してみて初めてその人が言っていた事が分かるんだよ。
それに絡んで研究室内の事で一つ、またムカッと来た事あったけど忘れる事にしよう(苦笑)
あまり、イライラしててもしょうがないしね(^^;

さて、現在は学会に出られるかどうか、めどをつけるためのscanをしているところです。どうしても上流側で繋がったtrackのデータを使って次のプレートのprediction(予測座標)を作ってscanするとそのプレートではpred.に対するcandidate(候補)数が一桁落ちてしまう…predicitionが10000あったら、それに対するcandidateは1000とか…そんな感じ。
そのefficiencyの悪さがどこから来ているのか分からないといいデータは取れないからなぁ…
>>
コメント0
トラックバック0

ビーム照射

2004.12.01 研究者のたまごの苦戦
ただいま、忙しくて文面を書く暇が…
今日は、これから稲毛にある放射線医学総合研究所に行ってビーム照射をしてきます(^ ^)
ビームを出すのに昼間は患者さんの治療があるから夜中は研究者達が一晩中、研究をしているのです。徹夜です。
でも、今日は良く寝れたから起きていられるかなぁ~
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。