Dull girl's desperate study!

実験の事が知りたい方へ

実験の内容を正しく知るためにはこのブログは適しておりません。
いたずらではなく誠実にお知りになりたいのであればまず、私にmailを下さい。
出来る限り、分かる限り(笑)「本当の事」をお教えいたします☆

プロフィール

研究者のたまご

Author:研究者のたまご
コメント大歓迎☆☆
「こんな事聞いたら、言ったら恥ずかしいかな・・・」なんて気持ちは不要です☆
私も、賢くはありませんので…;;

最近のコメント


申し訳ありませんが
私が気に入らないコメントは
了承なしに削除させて
頂きます。
コメントが書き込めない時には
チャットボードにお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

こっちも見てね-ブログ編-

更新状況

備忘録

使ってみてね-お役立ち編-

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4分の1

2007.07.09 Google Document
D論の原型を目の前にして頭が痛くなる…(苦笑)

たった25ページ。

あと4倍くらい必要。

しかも、まだ中身はほとんど日本語だし。。。
書く順番も章立てもめちゃくちゃ…
とりあえず、文章の羅列…

それだけ見ただけで、頭痛と吐き気がする…
卒業できるのかなぁ…
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

九段下にて

2007.06.10 Google Document
昨日、イタリア文化会館で日伊交流?の企画で原子核・素粒子物理学の研究者たちの講演があった。

それでOPERAの話があったので、それを聞きに行き、名古屋の仲間にも会った。

やっぱり、仲間はいいなぁ~
っていうか、彼らを見ていると自分があまりにも情けなくて…(-_-;
やめた方がいいかな、私。っていう申し訳ない気持ちになる。。。
こんなんで偉そうにしてドクターしてるなんて…(苦笑)

同級生がいるので、「ねー。D論書いてるぅ???」って探りを入れてみたり。
向こうの研究室はD4にpeakが立っているそうで、D4になるかな~っていう人がちらほら。
しかし、すでに投稿論文出している子もいて、話を聞いたら仕事の7割程度をその論文書きにあてて、半年かかったって。
半年かぁ…
早いな…
私、なんて1年ズルズルしちゃったよ…自分のせいでもあり、人のせいでもあると思うが。。。(苦笑)

とにかく、早く書き上げなきゃね!!
投稿して2回、「もう少し議論をして下さい」って返ってきちゃったら12月のD論提出までにacceptedされないから、卒業できないね。って先生にニコニコされながら言われて…
それは、私だけのせいじゃないだろ…人事みたいに(怒)と思っていたけど

2回返ってきた時に初めて「どうしよう?」って考えればいいんで、今、悩んでも何も変わらないことを悩んでも無駄になっちゃうよ。
そういうノイズは極力自分の中で減らしていかないと、結局自分を殺すことになっちゃうからね。

って同級生、nちゃんに言われて、平伏(笑)
まさしく。
それを悩むせいで仕事のスピードもモチベーションもガタンッと落ちて進まなくなっちゃってるし…

どうしよう…どうしよう…って。
でも、確かにその悩みは無駄で。
「どうしよう…」って思う間に論文の直しをして、早いとこ改訂版書き上げてみてもらう方が絶対自分にはプラスなわけさ。

分かってるけど、渦中にいるとそれってなかなかできず…
でも、改めて人から言われると、そうだよね。って納得。
彼は、学振の書類を出そうとしてるその時に、担当教官から

「お前さん、研究者には向いとらんよ」

って言われ、凹みまくったらしいけど、立ち直ってた!
そういう人の言葉だと、なおさら痛い(苦笑)


D論の物理ネタにするのにQGP探索チェンバーの解析を今更、またやってて。
でも、うまくいかなくて。
とりあえず、今、こんな感じだけど、なんでこんな風になっちゃうのか、分からないんですよね…
って現状報告したら

「見る価値ないデータだね。」

って言われ、ドクターも卒業する頃になっても、まだそんな事言われてる自分って…
おまけに、今の時点でdE/dx(電離損失エネルギー)が違う粒子が2種類あるのが見えてて、それが何と何なのか分からないんだけど…
先生がやたらに「クォークが見えたらノーベル賞だよ!D論なんていらないよ!」って言ってくるんだけど…(その2種類がπ中間子と何かのクォークじゃないのか、と言っている)
確かに、QGPは一度「閉じ込め」が破れてクォークとかバラバラの状態になるけど、そのままクォークが飛び出してくるような事ある???
その辺をはっきり言えない自分が悲しい…
D論書くにしても勉強足りないじゃん…
って、少なからず落ち込んでいたんだけど、まあ、そんな事いちいち気にしないでやるべき事を進めよう。って自分の気持ちを正しい道に直せた気がする。

それに、サイエンスライターになりたい!と思ってる同志?を偶然発見!
同じ事を考えて同じようなこと目指している人がドクターにもいると知って、ちょっと感激!!

みんなに、会えて良かった☆
コメント0
トラックバック0

人生、危うし?!

2007.06.06 Google Document
今日、うちの研究室のOB、mさんに投稿論文の査読なるものをして頂いた。
mさんは、今年から隣の大学の専任講師になられたので、先生と二人でお隣へ赴き…

mさんは、Felmiでポスドク経験もあるし、英語の論文書きには私たちより通じているはず…とお願いしたわけなんですが。
最初のイントロは一文、一文、「ここが気になる」というのを細かに指摘して頂き、直すところが山盛り。
が、しかし…

そのコメントの嵐のイントロの章が終わったところで


それで、たまごさんがさっきから一言も発言してないけれど、どうなの?
何か、ここはこうしたいと思って書いたとか、何かないの?

と、mさん。

『何か?・・・
何かと言われても…
「あぁ、そう書くんだぁ…」というのばかりで、特にこれだけは言いたいという事はないんですけど。』


一同、シーン…


だってね。
特に、このイントロ。
私が最初に書いたものと全然違うんだもの、文章が。

私が書いたものをベースに書き直されたというのか…
赤ペンが入った。とかじゃなく、すっかり書き直されて

「こういう風に書いてみたから。こんなんでいいんじゃないかな。あと、ここをこうした方がいいっていうのがあったら変えてくれればいいし。」

と帰ってきた論文。

もっとこうした方がいいも何も…
議論して変わったわけではない論文にどう入っていいかも分からず…

こう書くものなのね。と受け入れるしかできなくて。。。
仕方がないので解析結果を述べる章だけ、自分の英語。
私が伝えようと思って書いた文章。

でも、さすがにその部分は先生も自分でした作業でないので英文を直接直すことはせず。
こう言った方がいいんじゃない?というコメントのメールが、、、
それも、ついこの間だけど(^-^;

でも、そのコメントのおかげで結果がもっと印象良く見せられそうなので感謝、感謝☆

その結果の章以外は、コメントを求められても、「この文では何が言いたかったの?」と聞かれても…

私が書いた事、書きたかった事を推測して、先生が書き直した文だもの…

私が言いたいと思ったことを省かれているところもあれば、特に言及していなかったのに付け加えられているところもあり…
正直、私は、"作業したのは私だけど、書いたのは私じゃないんです。"というスタンス。

ダメなの分かってるんだけどね。
ダメでしょ、そんなドクター。
そんな投稿論文。
お前の論文じゃねぇーじゃん。って言われて当然でしょ…

分かってて手が出せなかったのは、他にもやらなきゃいけない事が詰まってて、しかもそれらが卒業にかかってる内容でもあることが多かったから。
分かってるけど、見て見ぬ振り。


こんなんで、卒業するつもりなんだ、私は…


すごく、苦しい。
自分が情けなくて、死にたくなる。

9月に中間発表。

どこまで進んでてどんな状況なのか、そりゃ、指導教官じゃなくても先生なら気になるところ。

先生たちも事務仕事が忙しくて、なかなか思うようにいい時間が取れないから、研究室会議の時にその進捗を知りたいと思っているのは分かっているのさ。


前にも言ったと思うけどさ。D3にもなったら毎回、会議では報告しろよな。
と、o先生。

分かってるし、進んでないわけじゃない。
でも、クリアじゃないところは山のようにあって、そこを「何故?」と聞かれると私自身も分からない状態。

さらに、発表用の簡単なトラペすらない。
そんなグズグズ状態じゃ、話せないよ…

一応、少しはプライドだってあるんです…こんなんでも。

まさに醜態。
後輩には見せたくないなぁ…と思うから出してないんですけどね…(^-^;
まあ、確かに、無駄なプライドではあるけれど。

解析には時間かかるし、かといってその解析している最中の時間は暇なのよね…
データ量がバカでかくて、プログラムが遅く処理が終わるのを待つ時間が暇。。。

その暇な時間にトラペを作りたくても結果出てないのに…どうやって話そうかな…
考えるだけで、その時間が終わる(苦笑)

私が、バカなのがいけないのだが。
そして、トラペ書き出しちゃったら、それに少なからず集中しちゃうし…

いや~、あれもなぁ。もうちょっとやって、結果出ればな~…
と思うと今度は、トラペ書く時間が惜しくなる(笑)

あぁーあ。

まったくなぁ…
何やってるんだか…

中間発表にこぎつけられるのか?
卒業できるのか??

これで、生きていけるのか?私…
コメント2
トラックバック0

World Clock

2007.06.01 Google Document
world_clock

Hawaiiの時刻と、Italyの時刻。
それと秒針が取れてるけど…日本時間。

MPがHawaii出張中。
A兄様がたまにItalyから電話をくれる。
自分は海外行かないくせに無駄にwolrd clock(^_^;

コメント0
トラックバック0

電気伝導度

2007.05.30 Google Document

現像するのにイオン交換水を使っていたけど、この電気伝導度を分かっていなかった…


なんか情けない(涙)


電気伝導度(EC[electric(al) conductance // electric(al) conductivity(どっちだろう?)])


電気の通しやすさの尺度で、電気抵抗の逆数(電気抵抗度=1/電気抵抗)で表す。電気伝導度が高い値ほど、水にさまざまな物質が溶解していることになり、一般的には汚い水といえる。


知らずに使っていたという、なんとも恐ろしい…


大抵、現像用の純水の場合、2μS/cmを超えるとフィルターを交換していたのよね。


電気抵抗の逆数だったって初めて知った…

っていうか、なんにも考えず、水質計の針が2μs/cmを超えたらフィルター交換して貰ってた。


やばいね。

コメント0
トラックバック0

う、う、うぅ…

2007.05.30 Google Document

昨日、起きた時からかなり頭が痛くて、熱っぽいため麻疹に感染したかと思い、帰宅。


でも熱っぽいだけで実際に熱を測ると平熱・・・


で、熱も上がらず。


病院でも高熱が出たり、下がったりを繰り返したりと完全に(?)発症しないと麻疹と断定できないらしく・・・




今日も1日寝てるつもりなんですが・・・


普通に風邪気味のよう(^-^;


っていうか、その程度であってほしい…




潜伏期間10日~12日というけど、その間、こんなグズグズ感ならば、完全に危険…



耳の奥が腫れぼったい感じなのがちょっと心配。。




エキナセアがマクロファージを強くするというのでエキナセアとビタミンをサプリで補給。




必死に麻疹に抵抗してるんだけど、どうなることやら…(; _ +)

コメント4
トラックバック0

つ、ついに・・・

2007.05.28 Google Document

うちの研究室と同じ階、それも目と鼻の先の研究室から麻疹感染者が出ました_| ̄|●

もう、私がなるのも時間の問題かしら…(涙)

たぶん、もう感染してるからなぁ。

今更、予防接種してもダブルパンチになるだけかもしれないし…

病院に行って余計な菌を貰ってくることになるのは嫌だし、注射に3000円も出したくないし…

予防接種したところで、完全にバリアされてるわけでもなし。。。

やっぱり、気力で跳ね返すしかない…

また、麻疹感染者2人出たってさ~と聞いてから具合が悪くなってきました…_| ̄|○

うーん…

大学閉鎖して拡大しないようにしてほしい…

でも、それを先生に訴えたら、先生たちは子供のころに麻疹をしてて関係ないので閉鎖されて仕事ができなくなるのが嫌らしい…

なんだよぉ!!

体が資本だろぉ~!!!

いいよ、一人学級閉鎖するし。

今年はなんとしてでも、抵抗してやろうと思う。

今年は、麻疹だけのワクチンの生産おわっちゃってるみたいだし、年が明けたくらいに、予防接種に行こうっと。

流行ってる時に予防接種してもねぇ…

痛い目にしか遭わない気がする。

しかし・・・

感染してる人はどこからうつったのが気になる。

学内感染なのか、無謀にも都内で遊びまわったのか…

後者であってほしいなぁ。。。

そしたら、まだ研究室は幾分救われる。。

コメント4
トラックバック0

危険を冒してまで?

2007.05.23 Google Document

今日は、都内へ出るという危険を冒して…

まあ、都内といっても上野なんですけど(^-^;

はしか菌がウヨウヨしてそうだけど、日にちもあまりないから”レオナルド・ダ・ヴィンチ展“に行ってきちゃった。

正直、ちょっとがっかり…

受胎告知(ダヴィンチ作)の本物1点だけを見るために10分とか並んで、鞄の中をチェックされ、金属探知器で検査された。

まあ、ありがたい絵なのでしょうが、たった一枚のためにこれ?という感じ…

博物館の展示も確かにダヴィンチは天才だったのだと思うけど、それにしても淡々と作品が並べられているような気がしなくもない。。。

見方が悪かったのか?

それもあるかもしれないけど…見てて途中で飽きちゃったんだよね(苦笑)

だから?って思ってしまう事が多くて。。。

その博物館の展示構成を考えた人が何を人に感じてほしかったのか、よく分かりませんでした。

他の人がどう思うかは、分からないけどね…

結構、暑くて脱水症状?熱中症?

若干、気持ちが悪くなり…

はしかでありませんように(苦笑)

あぁ、これではしかになってたら、シャレにもなんないなぁ…

いよいよ、全国拡大し始めたみたいだしね。

1人がかかると12人~14人に感染するという驚異の感染力らしい。

もう、1人かかった時点で閉鎖しなきゃ、広がるでしょう…

いやねぇ…

予防接種はお金かかるし…

頑張って抵抗してみる(苦笑)

コメント0
トラックバック0

google document

2007.05.21 Google Document

google documentを使ってブログに記事も投稿できるっていうからやってみた!

すごいなぁ★

最近、世の中の進展について行かれなくなってるよぅ。っていうか、前からついて行かれてなかったけど(苦笑)

処理するデータの量がものすごくて…ファイルの大きさが0.2GBとかある(^-^;

おかげで私のへっぽこプログラムでは処理にやたら時間がかかって…

中途半端に暇な時間が多いのよね…(涙)

ついにうちの大学でも上の階にいる同級生がはしか感染!…

私、予防接種受けてないしぃ~

嫌だなぁ…

しばらく上の階へは何があってもいかないようにしよう・・・(苦笑)

コメント4
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。